山岡CC・笹平CC(岐阜県)経営のキクオカ綜業が民事再生法の適用を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

山岡CC・笹平CC(岐阜県)経営のキクオカ綜業が民事再生法の適用を申請

帝国データバンクより、平成20年12月5日

 キクオカ綜業(株)(資本金5000万円、名古屋市中区錦3-23-18、代表菊岡深智子氏、従業員138名)は、12月4日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は榊原正治朗弁護士(名古屋市中区丸の内3-15-3、電話052-953-6873)。監督委員には服部一郎弁護士(名古屋市中区丸の内2-1-37、電話052-221-5955)が選任されている。

 当社は、1984年(昭和59年)2月に設立されたゴルフ場の経営業者。87年10月に山岡カントリークラブ(岐阜県恵那市)、91年11月には笹平カントリー倶楽部(岐阜県恵那市)を開業し、2001年1月期の年収入高は、約12億8000万円を計上していた。

 しかし、バブル崩壊後の長引く景気低迷もあって来場者数は伸び悩み、2006年1月期の年収入高は約9億200万円にとどまり、最終赤字約1億3000万円を計上。コース建設に伴う借り入れ負担も重く、苦しい経営が続いていた。

 こうしたなか、地代の滞納により2007年8月には債権者から破産を申し立てられるなど(その後、破産手続き開始決定は下りず)、対外信用は低下し、経営状況は厳しさを増していた。

 その後も、2008年1月期の年収入高は約9億4300万円にとどまり欠損計上を余儀なくされるなど苦しい経営状況が続き、今期に入っても業績に回復は見られず、先行きの見通しも困難なことから今回の措置となった。

 負債は、債権者約4900名に対し預託金約226億円を含む約250億円。

山岡CCと笹平CC(岐阜県)・譲渡先はゲイン・キャピタル(株)
平成21年7月31日

 『 山岡カントリークラブ笹平カントリー倶楽部CC(共に岐阜県恵那市)の経営会社・キクオカ綜業(株)(資本金5000万円、名古屋市中区錦3-23-18、代表菊岡深智子氏、従業員138名)は、12月4日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請した 』と報じたが、7月中旬に会員を含む一般債権者に対し、営業譲渡によるスポンサーでの再建を目脂す再生計画案を配布したことが判明した。

 スポンサー候補は3社で既に具体的な交渉を行った模様で、1社については譲渡代金が他社に比べて極端に低いため除外し、残り2社の比較では「プレー権の保証」に差があり、最終的にゲイン・キャピタル(株)(東京都中央区銀座1-3-3、中山茂代表取締役)を選定したとしている。

 会員への弁済条件及び名義書換に関しては、

   ・退会会員は預託金の99%をカット、残り1%相当を認可決定確定後6カ月以内に弁済

   ・継続会員は弁済額が新預託金(10年据置き)

   ・6カ月後に名義書換開始予定で名変料は当分の間10・5万円(通常52・5万円)

 また、クオカ綜業(株)は各ゴルフ場譲渡(ゲイン・キャピタル(株)が新設する会社に)後に清算され模様。譲渡代金は山岡CCが7億9281万765円、笹平CCが3億2302万3020円という。

 尚、譲渡先のゲイン・キャピタル(株)(平成18年12月設立)は、新水戸CC久慈川CC(共に茨城県)等、大久保グループが運営している6コース各会社の全株式を所有している会社という。

 ちなみに、再生債権者総数は4003名、再生債権総額は227億円弱、計画案の賛否を問う決議は9月4日締切りの書面投票で行われる。

山岡CCと笹平CC(岐阜県)・キクオカ綜業(株)の再生計画案が認可決定
平成21年9月20日

 『 山岡カントリークラブ笹平カントリー倶楽部CC(共に岐阜県恵那市)の経営会社・キクオカ綜業(株)(資本金5000万円、名古屋市中区錦3-23-18、代表菊岡深智子氏、従業員138名)は、12月4日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請したと報じ、7月中旬に会員を含む一般債権者に対し、ゲイン・キャピタル(株)をスポンサーにした再生計画案を配布したことが判明した 』と報じたが、

 そのキクオカ綜業(株)は、再生計画案の賛否を問う決議が9月4日締切りの書面投票で行われ賛成多数で可決、同地裁は9月8日付けで認可決定を出したことが判明した。

 ゲイン・キャピタル(株)が設立予定の山岡ゴルフ(株)と笹平ゴルフ(株)に各ゴルフ場を営業譲渡し、キクオカ綜業は清算される。

 会員への弁済条件及び名義書換に関しては、既報通りで預託金に1%が弁済額となり、継続会員はそれが新預託金になるもので、名義書換再開は営業譲渡日から6カ月後の予定。

     ↓↓↓ 平成26年3月20日追加

 平成26年3月19日、PGMグループが山岡CC及び笹岡CCを取得し傘下に

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
その他・中部地区・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ