アコーディアが33億円で、ハーツリーRSの株式買収へ

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

アコーディアが33億円で、ハーツリーRSの株式買収へ
系列G場のレストラン受託金社、4月に完全子会社化

ゴルフ特信より、平成19年12月21日

 (株)アコーディア・ゴルフ(東京都渋谷区、竹生道巨社長、TEL03-6688-1500)は、 レストランの運営受託等を行う(株)ハーツリーレストランシステム(東京都渋谷区道玄坂1-21-14、TEL03-5428-6291、國光裕代表取締役、資本金1億1500万円)を来年4月1日までに完全子会社化すると発表した。

 ハーツリーは、國光代表がゴールドマン・サックス(GS)グループの支援を受けて、主にアコーディア系列ゴルフ場のレストラン運営を目的に平成14年9月に設立。

 現在も、アコーディア系列ゴルフ場のレストランの運営受託がメインの事業となるが、そのほかに居酒屋やオーガニックの野菜レストラン等を約20数店舗経営している。アコーディアは、その株式の10%を12月26日に、残り90%を来年4月1日に取得する。

 ハーツリーの現株主は、エム・エル・キュー・インべスターズ‐エル・ピー(36%保有、GSグループ)、有限会社ケイズピアッツア(32%、國光代表)の法人2社と國光代表個人(18・3%))等で、取得価額については計33億円と発表している。

 ちなみに、ハーツリーの今年3月期の売上高は168億円余(内アコーディア関連の売上げは100億円超とみられる)で、営業利益は1億58百万円、経常利益は1億57百万円、純利益は0百万円。

 アコーディアは、株取得について「当社のサービスの4原則の一つ”レストランの充実”を目指すため」と説明し、加えて「連結業績の向上に貢献できる見込み」としている。

 なお、ハーツリーは来年の4月までに会社分割等を行い、居酒屋やレストランの経営は切り離す考えようだ。これにより、居酒屋等の経営はアコーディアの系列外になるものとみられる。

その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ