リバー富士カントリークラブをJFEスチールが東京建物グループに売却

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

JFEスチール、リバー富士CC(静岡県)等を売却

ゴルフ特信より、平成19年11月21日

 JFEグループのJFEスチール(株)(東京都千代田区)は、子会社で経営する会員制の4ゴルフ場を売却する。東京建物系列の(株)ジェイゴルフ(福長育成社長、東京都中央区)と売買契約を締結、ゴルフ場の引渡しは来年3月3日を予定している。

 JFEスチールによると、「事業の選択と集中により、4カ所のゴルフ場を売却することになった。製鉄所と一体で行っているJFE瀬戸内海GC(岡山県)と半田GL(愛知県)は引続き経営する」と説明している。

 売却する4ゴルフ場のうち、リバー富士CC(27ホール、昭和51年闘場、静岡県庵原郡富士川町、経営=富士川開発(株))、鷲羽GC(18ホール、平成5年開場、岡山県倉敷市、鷲羽開発(株))、赤坂CC(同、昭和49年開場、岡山県赤磐市、JFE物流(株))の3コースは11月13日から来年3月頃までの予定で会員権の名義書換えを停止すると発表。

 それに譲渡不可で法人会員制のパイロンネルソンCC(27ホール、平成6年開場、福島県いわき市、NKF(株))もそれぞれの会員に事情の説明と預託金の返還や再入会の案内を通知した。

 リバー富士CCでは12月頃までに会員の意向調査を行い、来年2月に退会者には預託金を全額返還する。また再入会希望の会員には現在行っている補充募集の金額である300万円(全額預託金=3年据置き)で案内する方針。

 同CCでは「これまでJJFEスチールの援助で預託金を返還してきたが、退会者が230名ほどに贈えた。今後はゴルフ場経営を専業とする企業で、今までより期待してもらえると思う」と説明している。会員の多くは額面400万円で会員を継続する場合も一部返還が受けられる。現在会員数は補充募集で入会した数十名を含め約1630名という。

 鷲羽GCではプレーの継続を希望し、再入会する会員は300万円を拠出することになる。同GCは平成3年から1800万円(預託金l620万円)、2300万円(同2070万円)で正会員を募集し、現会員数は648名としている。赤坂CCやパイ口ンネルソンは、先の2コースとほぼ同様に対処するという。

 なお、東京建物と系列のジェイゴルフは河口湖CC(山梨県)など現在11コースを経営するほか、既報通り、大成建設から白河高原CC(福島県)と東条GC(兵庫県)を来年取得する予定となっている。

東京建物系のジェイG、JFEスチール4コース含め16コースに
リバー富士CC(静岡県)会員は預託金300万円に切替え
ゴルフ特信より、平成20年3月10日

 東証一部に上場する東京建物(株)系列のゴルフ場運営会社、(株)ジェイゴルフ(福長育成社長、東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物ビル5階、TEL03-3275-2555)は、3月3日にJFEスチール系列の4コースを取得し、保有・運営ゴルフ場が16コースとなった。

 これで、グループ別の保有ゴルフ場数はリゾートソリューション等を上回り9番目、ホール数は315ホールで9番目となった。また4月になると17コース、333ホールで太平洋クラブのコース・ホール数と同規模となる。

 3月3日付けで、赤坂CC(18H、岡山県赤磐市)の資産を保有していたJFE物流(株)(東京都千代田区)は吸収分割で赤坂企業(株)(赤磐市)にゴルフ場事業を譲渡、同じくパイロンネルソンCC(27H、福島県いわき市)を保有していたNKF(株)は(株)バイロンネルソンカントリークラプ(いわき市)に譲渡した。

 ジェイゴルフは、これらゴルフ場事業の譲渡を受けた2社の株式を同日付けで取得。さらに、リバー富士CC(27H、静岡県庵原郡富士川町)保有・運営の富士川開発(株)、鷲羽GC(18H、岡山県倉敷市)保有・運営の鷲羽開発(株)の株式を取得して、計4ゴルフ場を傘下に収め、代表には福長社長が就任した。傘下としたゴルフ場企業は今後保有会社となり、運営はすべてジェイゴルフが行う。

 同日付けで各ゴルフ場の従業員もジェイゴルフに移籍、支配人も新体制(バイロンネルソン=大澤豊氏、リバー富士=後藤格氏、赤坂=月守保氏、鷲羽=木梨正夫氏)となった。ゴルフ場名の変更はない。

 JFEスチール側では退会希望の会員に全額預託金を返還。継続希望の会員には新預託金(3年据置)額面に切替えを行っており、ジェイゴルフ側では移行手続きが一段落する4月以降にも昨年11月13日から停止している会員権の名変を再開する方針。

 新額面はリバー富士と鷲羽が300万円、赤坂が150万円となっている。ちなみに、バイロンネルソンは法人会員制で譲渡不可(新額面等は非公表)のスタイルに変更はないという。

 なお、ジェイゴルフは昨年4月以降、今回の4コースを含め6コースの増加となった。再生会社のスポンサーとなり昨年5月末に河口湘CC(27H、山梨)が加わり、今年2月1日に大成建設グループから東条GC(18H、兵庫)を取得した。(関連記事

 さらに大成建設グループからは白河高原CC(18H、福島)を4月1日付けで取得することが決まっており、保有・運営ゴルフ場は17コースとなる予定だ。

 平成16年3月末に日光GP・ハレル(18H、栃木)を取得して以来、急拡大を続けるジェイゴルフだが、今後当面はゴルフ場の新規取得よりも既存ゴルフ場の収益基盤充実に力を入れる意向を示している。

  ↓↓↓

 ■平成21年12月11日、東京建物グループの6コースをアコーディア・ゴルフに売却
  日光GP:アレル、キャッスルヒルCC、つくでGC:カムズ、霞GC、JG芸濃、JG四日市C

 ■平成21年12月11日付け、(株)ジェイゴルフが売却の6コース以外の事業を新設分割
  新設の商号も(株)ジェイゴルフ、残り12コースで事業継続

このページのトップへ
リバー富士CC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ