新夕張ゴルフクラブが破産手続開始決定を受ける

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

新夕張ゴルフクラブ(北海道)・経営の札幌ワシントンクラブ(株)
破産手続開始決定

東京商工リサーチより、平成19年11月15日

 札幌ワシントンクラブ(株)(北海道夕張郡栗山町御園461、設立平成7年6月、資本金5000万円、西宮元明社長)は第三者破産を申し立てられ、11月7日東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

 破産管財人は辺見紀男弁護士(港区虎ノ門4-3-1、電話03-5405-4080)。 負債は約129億円(17年3月期ベース)。

 平成7年7月に(株)ワシントンクラブジャパン(本社:東京都新宿区)が北海道夕張郡栗山町にアーノルド・パーマー監修のゴルフ場「新夕張ゴルフクラブ」(住所=同、TEL:01237-6-3201)をオープン。

 この施設運営法人として7年6月、同社が設立されたが、バブル崩壊による一連のグループ企業の整理に伴い14年12月にはゴルフ場の所有権も取得した。

 16年3月期には年商約2億2000万円をあげていたが、近年は近隣コースに比べ、丘陵コースであるためコース自体の起伏が激しく、フェアウェイも狭いなど難易度が高いこともあって来場者数は頭打ちで、売上高も伸び悩んでいた。

 さらに所有権の取得に伴い移管された借入金に関しても整理回収機構の管理下に置かれるなど資金面は厳しさを増していた。

 このため、関連会社の(有)栗山エバグリーンにゴルフ場の運営を委託し、ゴルフ場施設の賃貸に特化して経営再建を図っていたものの、先行きの見通しが立たず、今回の事態となった。 19年に入って道内でのゴルフ場の倒産は初めて。

 なお、第1回債権者集会は20年2月18日13時30分より。

札幌ワシントンクラブ(株)に東京地裁が破産手続開始決定
ゴルフ特信より、平成19年11月16日
・・・・    前 略    ・・・・

 同社平成7年6月にゴルフ場の経営・運営を目的に当時の野村商事グループが設立した法人で、平成8年に会員制でオープンした同GCを運営し、平成11年にはゴルフ場施設も譲り受けて経営(運営=有限会社栗山エバーグリーン)してきた。

 クラブハウスを含むゴルフ場施設は根抵当権が設定されており、(株)整理回収機構(RCC)経由で根抵当権を取得した(株)アサヒフューチャー(北海道)か債権者として破産を申し立てていた(申請代理人=田邊勝己弁護士)。

 負債は、会員約1000名の預託金約41億円、滞納税約2億円、それに担保権付きを含めた金融債務237億円等を含め約280億円としている。

 ちなみに裁判所は、「(同杜の)財産で債権者に配当ができない可能性がある」としており、会員の預託金に対する配当は期待できないようだ(来年2月18日に清算説明会を予定)。

 一方、破産を申請したアサヒフューチャーは、函館パークCC(18H、北海道)など北海道で4コースを傘下に収める(株)アサヒ商会のグループ。

 同グループでは、ワシントンC札幌Gコースを競売手続きなどにより正式に取得し、傘下に収める考えのようた。同クラブの会員についでは終身会員として処遇するなど何らかの対応をする模様だ。

旧・ワシントンC札幌(北海道)4月18日生オープン
(株)アサヒ商会入リ、新名称「新札幌ワシントンGC」
ゴルフ特信より、平成20年3月7日

 アサヒ商会グループは、ワシントンクラブ札幌ゴルフコース(新タ張GCの名称でも一時営業)を傘下に収め、4月18日から「新札幌ワシントンゴルフ倶楽部」(27H、北海道タ張郡栗山町御園461、TEL0123-76-3201=従来通り)で営業を開始する。

 破産した同ゴルフ場の経営会社、札幌ワシントンクラブ(株)の破産管財人から、(株)アサヒフューチャー(北海道函館市東山町185の1、齊藤清人代表取締役、資本金2000万円)がゴルフ場施設の一切を譲り受けて、新生オープンするもの。

 (株)アサヒフューチャーは、函館パークCC(18H、北海道)など北海道で4コースを傘下に収める(株)アサヒ商会(住所同、齊藤代表)のグルーlプ会社。

 斎藤代表は「クラブハウス・コースのリニューアルを行い、新たな船出をすることになった」と説明。今後、未設置の乗用カート路の新設やハウスの改修などを行うとしている。

 旧会員(約千名)に対して破産会社からの配当はないが、プレー権を一代限り認め、従前通りクラブ競技なども開催するとして、競技日程等も旧会員に送付している。

 本紙既報通り、旧経営の札幌ワシントンクラブ(株)は根抵当権付きの金融債権を含め237億円が(株)整理回収機構(RCC)に移管され、事実上同社は破錠。

 この債権を(株)アサヒフューチャーがRCCから取得して、東京地裁に破産手続きを申し立てた。この申立てを受け同地裁は一昨年11月7日に札幌ワシントンクラブ(株)に対し破産手続開始決定を、今年2月18日には破産廃止決定を下した。

 その間に、(株)アサヒフューチャーは破産管財人から2月5日付けで、ゴルフ場施設の一切を譲渡・引き渡しを受け、同月8日には所有権移転登記を終了し、担保権も解除Lた。

 なお、齊藤代表は「今後も当グループのゴルフ場を含め、売買を積極的に行う考えだ」と語っている。

このページのトップへ
その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ