御所カントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

御所CC(徳島県)経営の阿讃開発(株)・民事再生開始を申立て

東京商工リサーチより、平成19年10月24日

 阿讃開発(株)(徳島県板野郡上板町引野字安楽寺谷90-10、設立昭和47年11月、資本金3億円、藤井富之社長、従業員約45名)は10月24日、徳島地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は大道晋弁護士(徳島市徳島本町2-35、電話088-654-5630)。 負債は債権者約2600名に対して約35億円(大半が預託金)。

 同社は昭和47年11月にゴルフ場の経営を目的に旧麻植郡鴨島町(現在の吉野川市)で設立。その後、四国放送、徳島新聞社、阿波銀行の資本参加を得て、50年7月全27ホール中の18ホールを仮オープン、51年6月に残り9ホールをオープンして本格的な営業を開始した。

 「御所カントリークラブ」(松コース、竹コース、梅コースの合計27ホール、パー107、9857ヤード)として親しまれ、当地有数のコースとして浸透、県内外のゴルファーに根強い支持を得て、ピーク時の平成5年3月期には年商約8億円をあげていた。

 しかし、その後の景気低迷の影響に加え、新設有力コースとの競合が激化し利用客が減少。19年3月期の年商は2億8656万円にまで落ち込んでいた。

 近年は慢性的な赤字体質に陥り、資金繰りが次第に悪化。民事再生により経営再建を目指すべく今回の申し立てとなった。

ゴルフ場「御所CC」経営・阿讃開発(株)・民事再生法の適用を申請
帝国データバンクより、平成19年10月24日

 阿讃開発(株)(資本金3億円、板野郡上板町引野安楽寺谷90-10、代表藤井富之氏)は、10月24日に徳島地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は大道晋弁護士(徳島市徳島本町2-35、電話088-654-5630)。

 当社は、1972年(昭和47年)11月に設立されたゴルフ場経営業者。鴨島町内の企業が母体となりゴルフ場の新設を目的に設立されたもので、75年7月に18ホールで営業を開始した。76年には9ホールを追加し、27ホールでの本格的な営業を開始した。

 「御所カントリークラグ」の名称で、阿讃山麓に位置しているゴルフ場として、吉野川、淡路島から和歌山まで一望に見渡す高台にあり、徳島県内は勿論、京阪神方面からの顧客も集め、ピーク時には7〜8億円の年収入高を確保していた。

 しかし、その後の景気の低迷により利用客が徐々に減少、新設コースや県外の割安なコースとの競合が激しくなり、2007年3月期の年収入高は約2億8700万円まで低下していた。

 また、ここ数年は利益追求ができずに慢性的な赤字体質に陥るなど財務内容は悪化し、今後の自力再建を断念して、今回の措置となった。

 負債は約37億円。

このページのトップへ
御所CC(徳島県)・自主再建型の再生計画案を会員等に配布
平成20年7月2日

 『 御所カントリークラブ(27H、徳島県板野郡上板町引野安楽寺谷90-10)の経営会社・阿讃開発(株)(資本金3億円、住所=同、代表藤井富之氏)は、10月24日に徳島地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた 』と報じたが、このほど同社は自主再建型の再生計画案をまとめ、会員を含む一般債権者に配布したことが分かった。


 会員等に関する弁済条件は、

  ・退会会員は、頂託金の3%を3年間の3回分割で弁済

  ・継続会員は、預託金の50%が新預託金(10年据置)

    ※10年満了後は、利益の中から1500万円を限度に返還し、1500万円を上回った場合は
      抽選返還に。


 尚、再生計画案の賛否を問う決議は8月29日締切りの書面投票で行われる。

御所CC(徳島県)、自主再建型の再生計画案が可決し認可決定
平成20年9月8日

 平成19年10月24日に徳島地裁へ民事再生法の適用を申請した「御所カントリークラブ」の経営会社・阿讃開発(株)の計画案の賛否を問う決議が、既報通り8月29日締切りの書面投票で行われ賛成多数で可決し、9月4日付けで同地裁から再生計画認可決定を受けたことが判明した。

 既報通り自主再建型の計画案で、退会会員には預託金の3%が3年間の3回分割で弁済され、継続会員は50%が新預託金(10年据置)となる内容となっている。

 同社には、地元企業を母体に四国放送、徳島新聞社、阿波銀行等の有力企業も資本参加している。


     ↓↓↓ 平成28年3月4日追加

 御所CCは、27ホール(松・竹・梅コ ース)での営業を、平成28年1月から梅コースを閉鎖し、18ホールの営業体制に変更した。同CCによ ると「梅コースは歩いてプレーするスタイル(モノレールカート使用)で、 梅コースを2回プレーするプランでも 営業していたが、施設の老朽化により 閉鎖した」と説明している。


     ↓↓↓ 平成28年11月26日追加

 平成28年11月21日、NTTグループの(株)NTTファシリティーズは閉鎖した御所CC梅コース跡地(徳島県板野郡上板町引野字安楽寺谷90-13他)に建設していた「F上板太陽光発電所」の竣工式を行った(自社ホームページで発表)。

 (株)NTTファシリティーズ URL=https://www.ntt-f.co.jp/

 今年1月23日から工事を始め、8月9日に発電を開始したもので、設置容量(出力)は2,652・3KWで想定年間発電量は2,956MWh(一般家庭消費電力で約820世帯)となっている。


     ↓↓↓ 平成28年12月20日追加

 全国で閉鎖(完全閉鎖・一時閉鎖・一部閉鎖)したゴルフ場一覧、都道府県別に掲載

このページのトップへ
その他・四国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ