東条ゴルフ倶楽部を大成建設が年内にも売却へ

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

大成建設、東条GC(兵庫県)を年内にも売却へ

ゴルフ特信より、平成19年10月22日

 大成建設(株)(東京都新宿区)は、グループの東条ゴルフ倶楽部(18H、兵庫県加東市東条町新定1188-4、TEL0795-46-1155)を年内にも売却することを明らかにした。

 同GCは、大成建設100%子会社の(株)東条ゴルフ倶楽部(本社=コース内、梶本節二代表取締役、資本金3000万円)が経営しているが、その子会社の全株式を年内にも売却することを決めたもの。

 大成建設は、平成13年頃からゴルフ場事業の見直しに入っており、同年にアドニス小川CC(18H、埼玉県)をオリックスグループに、16年に日光インターCC(現・日光Gパーク:ハレル、18H、栃木県)と、つくでCC(現・つくでGC:カムズ、18H、愛知県)を東京建物グループに売却し、今回の売却で大成建設グループのゴルフ場は白河高原CC(18H、福島県)と軽井沢高原GC(18H、群馬県)の2コースになる。

 東条GCは、平成3年に開場した法人会員制ゴルフ場で、会員募集は2年9月から行った。譲渡不可の会員権で、募集金額は5000万円(内預託金4250万円)だった。

 在籍する現会員数は182社で、会員には預託金の全額を返還し、一旦クラブを解散する計画という。但し、新経営陣側が再度クラブを組織し、これら会員を対象に会員募集を行うようだ。

 ちなみに、大成建設は「交渉中」として、同GCの株式の売却先や売買額は明らかにしていない。

 但し、これまでオリックスと東京建物に系列ゴルフ場を売却してきたことから、両者のどちらかに売却するのではないかと見る向きもある。いずれにしろ、知名度のある企業が買収する模様だ。

東条GC(兵庫県)、来年2月から東京建物の傘下に
ゴルフ特信より、平成19年11月22日

 大成建設グループで平成3年に開場した東条ゴルフ倶楽部(18H、兵庫県加東市東条町新定1188-4、 TEL0795-46-1155)が、来年2月1日から上場の東京建物(株)(東京都中央区)のグループに人ることが正式に決まった。

 既報通り、東京建物が同GCを経営する(株)東条ゴルフ倶楽部を取得して傘下に収めるもので、11月上旬に会員説明会を行い明らかにした。

 既報通り会員(182社)には預託金4250万円(募集金額は5000万円)を返還して、1月末には現クラブを解散するが、その間に現会員を対象に会員募集を行って新クラブを立ち上げ、会員制クラブとして引続き運営するとしている。

 再入会を勧める案内も会員に送付したが、募集金額については今のところ明らかにしていない。なお、ゴルフ場の名称変更は予定していないという。

大成建設、白河高原CC(福島県)を来年3月末に売却へ
ゴルフ特信より、平成19年10月26日

 大成建設(株)(東京都新宿区)は、系列の会員制ゴルフ場、白河高原カントリークラブ(18H、福島県西白河郡西郷村大字真船、TEL0248-36-2211)を売却する意向を固めた。

 このほど同CCを経営する白河高原開発(株)(関哲雄社長)と連名で、同CCの会員に通知したもの。

 同開発の株式を売却する方針で、売却先は同じ芙蓉グループの一員であり、大成建設グループとも親しい関係にある不動産業界大手の東京建物(株)(東京都中央区、東証一部上場)を予定、「今般、会社売却を前提とした協議を開始することになり、基本協定を締結した」という。

 通知によれば、東京建物はゴルフ場事業に積極的に取り組み、レジャー・リゾート事業部門を大きな柱に育てていこうとしているところ。

 売却時期は来年3月末日を予定、「同4月以降は同社のもとで、白河高原CCをゴルファーの期待に充分応える魅力あるゴルフ場に発展させて頂けるものと期待しております」と述べ、会員についても今までと同様に利用できると説明している。

 同クラブは昭和38年に開場。那須地区に隣接したリゾートコースとして定評がある。同クラブでは「会員権の名変も従来通りで、退会希望の会員には預託金を返還している。(東京建物から)強いオファーがあり今回の話となった。

 キャディを含め従業員はそのまま継承、何より同じ芙蓉グループで運営も何ら変わらないので心配はいりません」と話している。

 会員は約750名が在籍、預託金は100万円が最も多く、その他220万円額面などがあるという。今年は11月25日まで営業、来年は4月中旬のオープンを予定している。

 大成建設は既報通り、グループの東条GC(18H、兵庫県)を年内にも売却する方針を明らかにしたばかりだが、その売却に関しても東京建物(株)と交渉していることが分かった。

 これまで同建設は平成16年に日光インターCC(現・日光Gパーク:ハレル、18H、栃木県)と、つくでCC(現・つくでGC:カムズ、18H、愛知県)を東京建物グループに売却した実績がある。

 もっとも、大成建設本社では「(売却)交渉を開始するというだけで、今のところコメントできる段階にはない」と話している。

 なお、東京建物は今年5月に再生計画が成立した河口湖CC(27H、山梨県)を傘下に収めるなど現在11コースを経営、福島県では羽鳥湖高原でリゾート事業や別荘販売も行っている。

このページのトップへ
その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ