平成18年ゴルフ人口は調査開始以降、最小の890万人

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

平成18年ゴルフ人口は調査開始以降、最小の890万人

ゴルフ特信より、平成19年7月27日

 ゴルフ人口がついに1千万人割れとなるなど、ゴルフ業界にショッキングなデータが財団法人・社会経済生産性本部(谷口恒明理事長、東京都渋谷区、TEL03-3409-1125)から発表された。同財団が7月25日に発行した「レジャー白書2007」で明らかになったもの。

 同白書は、今年1月に全国(5万人以上の都市部)の15歳以上の男女(3000人)を対象に行ったアンケート調査をもとにデータを集計している。

 それによると、平成18年の全国ゴルフ人口(コースで1回以上プレーした人口)は890万人で、前年比190万人、率では17・6%と急降下した(17年は4・9%増)。

 同白書は昭和59年から毎年ゴルフ人口を推計(途中でデータ処理方法を改訂しており、一部は数値に変更がある)しているが、1千万人割れは昭和60年の910万人、61年の940万人の2年間しかなく、9百万人割れは調査以降初めてのこととなった。

 また、減少率は平成14年の22・4%に次ぐ、大幅な減少となっている。

 一方、ゴルフ練習場の人口も160万人減(15・4%減)の880万人に過ぎず、これは昭和59年以降初めて1千万人割れ。これまでの最小練習場人口は前回調査(平成17年)の1040万人だった。

 ちなみに、ゴルフコースでのプレー参加率は8・1%で、前年の9・8%と比べて1・7ポイントも減少した。「参加希望率」(15歳以上でゴルフ場で今後も”プレーする”、”プレーしたい”という率)は12・4%で、これも前年の13・8%より1・4ポイント減少している。

 コースでの年間プレー回数は10・8回で、前年比0・8回減少、プレーに関する年間支出(年費用)は12万2600円(内訳=用具代等は3万100円で1万8900円減、プレー代・会費等は9万2400円で2万8000円減)で前年比4万6700円減となっている。

 1回当たりの費用(プレー代、用具代等含む)は1万1350円で、前年比3240円安くなった。

 一方、市場規模の推測では、ゴルフ場は1兆1070億円で、前年比260億円、2・3%の減少となり、14年連続の減少だが、減少に歯止めがかかってきたようだ。練習場は1510億円(50億円減)、ゴルフ用品は4390億円(10億円減)となっている。

 これらのデータから同白書は、ゴルフ業界の環境は厳しい状況にあると分析しているが、一方で暖冬や石川遼選手のような若手達が話題となっていることもあり、回復材料があることを示唆している。

 なお、次号以降にゴルファーの男女別、年代別参加率などを報じる。

  →平成18年男女別、年代別参加率(8月1日追加)

  →一方でこんな調査も「ゴルフは生涯スポーツ」首都圏のお父さんが認める(8月6日追加)

  →平成19年の動向  平成19年・男女別、年代別参加率

  →平成20年の動向  平成20年・男女別、年代別参加率

レジャー白書データ(平成9年〜18年)

項目/年代 9年 10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
参加人口(万人) 1,340 1,270 1,220 1,280 1,340 1,040 1,080 1,030 1,080 890
参加人口(対前年) -2・9% -5・2% -3・9% 5・7% 3・9% -22・4% 3・8% -4・6% 4・9% -17・6%
参加率(%) 12・5 11・8 11・3 11・9 12・3 9・5 9・8 9・4 9・8 8・1
プレー回数(回) 9・9 10・7 12・5 11・7 12・1 11・9 13・5 13・3 11・6 10・8
年費用(千円) 189・5 155・0 193・6 179・0 166・2 168・5 171・3 159・5 169・3 122・6
G場市場規模(億円) 17,880 18,940 16,320 15,010 14,000 13,510 12,970 11,930 11,330 11,070
G場規模(対前年) -0・3% -4・2% -3・1% -8・0% -5・7% -3・5% -4・0% -8・0% -5・0% -3・3%
用品市場規模(億円) 5,410 5,000 4,800 4,740 4,540 4,370 4,390 4,370 4,400 4,390
練習場規模(億円) 2,500 2,360 2,170 2,000 1,840 1,710 1,630 1,550 1,560 1,510
練習人口(万人) 1,440 1,400 1,320 1,390 1,340 1,160 1,080 1,160 1,040 880
※平成12年からプレー関係に関するデータは、都市部の3000サンプル数に戻し、データも修正している
このページのトップへ
その他・倒産ゴルフ場関連ニュース

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ