バーデンCCえぞ富士コースの経営母体・(株)セザールが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

東証1部上場・マンションデベロッパーの(株)セザール、民事再生法の適用を申請
負債約595億円

帝国データバンクより、平成15年3月24日

 東証1部上場でマンションデベロッパーの(株)セザール(東京都品川区上大崎3-3-1、太田征夫社長、資本金128億472万円)は3月24 日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、即日保全命令を受けた。申請代理人は田村護弁護士(TEL:03-3574-1820)。

 マンションの販売価格下落や競争激化で収益力が低下し、昨年9月からは主力取引銀行の三井住友銀行から融資を受けられなくなり、法的整理を選んだ。

 同社は現在、同業他社など2社にスポンサーとなるよう交渉しているが、再生できずに破産に追い込まれた場合、一般顧客が支払ったマンションの手付金は弁済の順位が低い一般債権の扱いとなる。手付金の返済を求めた場合、かなりの割合がカットされるため一般顧客への影響が出る懸念もある。

 (株)セザールは、不動産売買を目的に(株)ジャパンプランニングセンターの商号で昭和46年に設立、59年に現社名に変更した。首都圏を中心にマンション分譲を展開してきた中堅デベロッパーで、近年では99年3月期に売上高が510億円にまで回復したが、グループ企業間の資金の移動が不透明なうえ、昨年9月の転換社債(CB)や銀行借り入れの返済では、三井住友銀行から借り換え資金の融資を受けられなかった。

 筆頭株主のジャパンプランホールディングスにマンションを販売する形で償還資金の手当てを試みたが、これに対し監査法人が売り上げとして計上することを認めなかったことから、監査法人を3月10日に変更するなど、経営が迷走。最近では「マンション用地を取得する資金さえ融資を受けられなくなった」(太田征夫社長)という。

 昨年からは同社の手形に対する信用が落ちていたうえ、セザールの実質的な経営者とみられる滝井治仁・前会長が今年1月までに保有していたセザール株を売却しており、経営や資本政策に対する不信感も高まっていた。

 東京証券取引所は同日、第1部に上場しているセザール株式を、同社の民事再生法適用申請に伴い、上場廃止にすると発表した。25日から1カ月間、整理ポストに割り当てた後、4月25日に上場廃止する予定。

 負債総額は594億円。

建設中のバーデンCCえぞ富士C(北海道)は売却予定
椿ゴルフ追加、平成15年3月28日

 (株)セザールは、バーデンカントリークラブえぞ富士コース(18H計画、北海道虻田郡喜茂別町字166-1)を建設(会員募集していない)。

 ゴルフ場は、平成4年12月に北海道の開発許認可を取得(当時=セザールCC羊蹄C)し、平成13年中にはコース、ハウスとも完成し、コース名を「バーデンカントリークラブえぞ富士コース」と変更してオープン時期を検討していた。

 申請代理人は、「バーデンCCは雪解け後にオープンする予定でいたのに残念、今後は本業に専念することになり、ゴルフ場は売却する方針」と話しているという。

 尚、3月28日に都内で債権者説明会が開催される模様。

(株)セザールの再生計画案が可決し、認可決定を受ける
バーデンCCえぞ富士C(北海道)は売却ヘ
平成15年9月10日

 『 東証1部上場でマンションデベロッパーの(株)セザール(東京都品川区上大崎3-3-1、太田征夫社長、資本金128億472万円)は3月24日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、即日保全命令を受けた。同社は、バーデンカントリークラブえぞ富士コース(北海道)を建設していた 』と報じたが、

 その(株)セザールの再生計画案の賛否を問う債権者集会が8月27日に開かれ、債権者数・債権額ともに90%以上の賛成多数で可決、同日同地裁から認可を受けたことが判明した。

 同社の再生計画案は、自主再建型で本業である分譲マンションの開発・賃貸などのに専念し、債権者ヘの弁済は今年10月末に一括返還するという。

 尚、パーデンCCえぞ富士Cは売却されるようで、売却先を現在は模索しているようだ。同CCはコース・ハウスともに完成済(会員はゼロ)みで、すぐにオープンできる状態だが、クラブハウス等は多少の修繕が必要な状態という。

    ↓↓↓ 平成23年6月30日追加

 平成23年5月、中国系投資家の出資でバーテンCCえぞ富士C買収し、一達国際GC名で建股

情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
その他・北海道地区ゴルフ場の倒産ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ