島根中央カントリークラブ、実質未着工状態・破産手続き開始

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

実質工事未着工の島根中央C・破産手続き開始

ゴルフ特信より、平成19年1月17日

 株主会員制を目指したものの、入会者が少なく実質的に建設工事を行っていなかった島根中央カントリークラブ(18H計画、島根県邑智郡美郷町大字内田地区他)の事業会社、(株)島根中央カントリー(杉山利一代表、大阪府八尾市高美町1-3-24)が昨年12月18日付けで大阪地裁から破産手続き開始決定を受けたことが分かった。

 破産管財人には楠山宏弁護士(TEL06-6363-0355)が選任されており、3月22日に財産状況報告集会、廃止意見聴取、計算報告が予定されている。

 (株)島根中央カントリーは平成7年10月に開発許可を取得し、8年6月に起工式を挙げ、トーア工業の施工で準備工事に着手。当時は70億円の事業費を見込み、10年秋のオープンを目指していた。

 また8年7月からは1株400万円(計画人数1500名)で株主正会員の募集を開始し、預託金制ゴルフ場と比較して株主制の優位性をアピールしたが、市況の悪化から全く募集が進まなかった。その結果、建設工事も実質未着手状態で、兼にも中止届を提出して事業は休止状態が続いていた。

 事業母体は(株)スギヤマグループ、大阪米穀(株)であったが、肩代わり策等も不調だったようだ。

 ゴルフ場の開発面積は約180ヘクタール(100%買収済み)。同用地の利用方法について、地元の美郷町には今のところ打診がないという。

 なお、負債額についてはまだ明らかになっていない。入会した株主会員は地元中心に22口程度だった模様だ。

その他・中国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ