秩父国際カントリークラブ・アコーディアグループが取得

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

秩父国際CCの株式をアコーディアGが取得へ

ゴルフ特信より

 ゴールドマン・サックス(GS)グループの(株)アコーディア・ゴルフ(竹生道巨社長、東京都渋谷区、TEL03-6688-1500)が、秩父国際カントリークラブ(18H、埼玉県秩父郡皆野町三沢4633-1、TEL0494-65-0316)を経営する(株)秩父ゴルフクラブ(大本榮一代表取締役、東京都千代田区)の経営権を取得することが明らかになった。

 (株)秩父GCが、平成18年8月吉日付けで会員に宛てた通知で明らかになったもの。それによると親会社で上場企業の(株)大本組が、(株)秩父GCの全株式を9月15日付けでアコーディアに譲渡する(譲渡代金等は未公開)としている。

 昭和50年にオープンした同CCは、創業者の杜撰な経営もあり、コースとクラブハウスを施工した大本組が(株)秩父GCを設立し、53年3月に経営を肩代わりした。

 今回の経営交代について、大本組は「時代とともに高度なゴルフ場運営のノウハウが必要になってきたので、実績のあるアコーディアに経営を引き継いで頂くことになった」と説明している。

 同CCには、正・平・週日会員を含め約1000名(預託金額数億円)の会員が在籍する。株式の譲渡ということで、同CCもアコーディア側も「会員の権利・義務の変更は全くない」という。

 同CCは従来から退会希望者には預託金を返還しており、これについても「経営交代後も以前と変わらず退会希望者に対しては、預託金を随時返還する」と説明している。また、財政基盤の強化をは図るため、株式譲渡前に増減資を実施すると報告している。

 モノレールカートについては、乗用カートに切り替える予定。預託金も少額で増減資等も行うことから、法的整理など経営上の問題は起こらないと見ることが出来る。

 なお、アコーディアグループの保有ゴルフ場は、同CCのグループ入りで101コース(他、ショートコース1コース)になる。

秩父国際CC・ゴルフ場ガイドへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ