クリスタルリンクスゴルフクラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・(株)クリスタルリンクスゴルフクラブが民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成18年7月10日

 (株)クリスタルリンクスゴルフクラブ(資本金4500万円、岡山県備前市西片上781-1、代表鶴島幹雄氏)は、平成18年7月10日に岡山地裁へ民事再生法を申請し、同日監督命令を受けた。

 申請代理人は村木茂弁護士(大阪市北区西天満4-4-18、電話06-6361-5532)ほか。監督委員には林俊夫弁護士(岡山市南方1-6-5、電話086-222-5001)が選任されている。

 当社は、1972年(昭和47年)1月に設立。その後一時期休眠状態を経て、90年(平成2年)2月にゴルフ場経営を目的として営業を再開した。

 94年には緩やかな丘陵コースを備えた「クリスタルリンクスゴルフクラブ」(18ホール)をオープン。同ゴルフ場は山陽自動車道和気ICから近いため、関西方面の利用者が多く、97年12月期には年収入高約8億5000万円を計上していた。

 しかし、当初予定していた会員募集が計画通りに進まず、設備関係の借入金や工事代金の支払いが重荷となって、厳しい資金繰りを余儀なくされていた。その後も景気低迷による利用者数の減少、同業者間の価格競争などから2005年同期の年収入高は約3億4700万円にまで減少し、収益性も悪化していた。

 こうしたなか、2005年6月に預託金償還時期を迎え、期限の延長と会員権の分割の話し合いを進めていたが不調に終わり、また、提起されていた預託金償還訴訟で敗訴したことなどから、会員のプレー権の確保や事業継続を図るため、今回の措置となった。

 負債は約178億円。

クリスタルリンクスゴルフクラブ(岡山県)が民事再生法を申請
ゴルフ特信より
・・・・    前 略    ・・・・

 同社は昭和47年に藤和興産(株)の商号で設立。その後ゴルフ場開発目的で買収され、現名称に変更した。ゴルフ場は平成2年12月に開発許認可を取得、建設工事は三菱地所の総合監修でコース設計を加藤俊輔氏、施工を鴻池組が担当した。ゴルフ場は平成5年12月に仮オープン、7年6月に正式オープンした。

 オープン後は山陽自動車道の和気ICから約4キロというアクセス面の良さもあり、平成10年12月期の年間売上高は約8億5000万円を計上するなど好調だった模様。

 最も、造成当時から、縁故850万円、1次950万円等で会員募集を行い、最終会員数1480名を目指していたが、予定数が集まらず苦戦。借入金や工事代金の支払い等が重荷となった上、近年の景気低迷による来場者の減少や価格競争に客単価の低下なども影響し、昨年同期の売上高は約3億4700万円にまで減少していた。

 そうした中、昨年には預託金返還時期を迎え、打開策として会員権の分割や返還時期の延長等について会員と話し合いを進めたが合意に至らず、預託金返還請求訴訟で敗訴したことなどから今回の措置となった。

クリスタルリンクスGC(岡山県)・再生計画案が認可決定
ゴルフ特信より、平成19年4月23日

 クリスタルリンクスGC(18H、岡山県備前市西片上781-1、TEL0869-63-3000)を経営する、(株)クリスタルリンクスゴルフクラブ(本社=コース、鶴島幹雄代表、申請代理人は村木茂弁護士=TEL06-6361-5532)の再生計画案決議が3月23日を期限とした書面投票で行われ、3月27日に岡山地裁から認可決定を受けた。

 但し、同GCでは「当クラブでは企業情報を公開していない」として、再生計画案の内容を明らかにしていない。

自主再建のクリスタルリンクスGC(岡山県)名変再開
ゴルフ特信より、平成19年8月27日

 クリスタルリンクスGC(18H、岡山県備前市西片上781-1、TEL0869-63-3000)を経営する(株)クリスタルリンクスゴルフクラブの再生計画案は、3月27日に岡山地裁から認可決定を受けたが、その計画案の概要が関係者の話で一部分かった。

 自主再建型で、退会者には預託金(300、700、800万円等)の0.5%を弁済し、継続会員には弁済金はなくプレー権は無額面のプレー会員権(旧預託金額に基づき最大4口に分割した模様)となっている。

 また、7月24日から、これら会員権の名変を再開している。

 同GCは、本紙の直接の取材に対しては現在も「個人情報なので(会員の再生条件などは)公開していない」と話している。


     ↓↓↓ 平成27年6月29日追加

 クリスタルリンクスGC、平成27年12月31日をもってゴルフ場の営業を終了

このページのトップへ
その他・中国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ