沼田スプリングスカントリー倶楽部・公開入札で売却

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ        -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

沼田スプリングスCC(群馬県)を4月〜5月に公開入札で売却

ゴルフ特信より、平成21年1月7日

 ゴールドマン・サックス(GS)グループは、取得当初から予定していた沼田スプリングスカントリー倶楽部(昭和48年開場、群馬県沼田市白沢町高平2537-1、TEL0278-53-2211)の売却手続きを進めている。(平成18年2月)

 同ゴルフ場は、会社更生計画案が成立して平成16年にGSグループ入りした旧・緑営グループが経営していた。会員制だったが、GS側の経営戦略に合わないことから事前に売却の方針を決めていたようで、会員約2500名を旧・緑営の他の8コースに移籍することを計画案に盛り込んでいた。

 その移籍手続きが終了しパブリック制になったことや、地主の公益法人と売却を前提とした土地の賃貸借契約が締結できたことから、売却の態勢が整ったようだ。

 同ゴルフ場は100%借地で、その全てを公益法人から借りている。27ホール営業だったが、GSグループ入りした後は18ホール営業に変更している。売却するのは、その18ホール分の営業権となっている。

 売却の方法は、公募により買収希望者を募り、入札により売却先を決定する予定。ゴルフ場施設の内容や詳細については、平成18年4月〜5月にも公表する模様だ。

 ちなみに、法的手続きで公開入札を行うケースは多いが、任意の売却で公開入札を行うのは、恐らく始めてとなる。

沼田スプリングスCC(群馬県)・売却希望価格は「1億円」
ゴルフ特信より

 既報通り、GSグループはパブリックで営業している同CCの売却を公募による入札で行うとしていたが、このほど売却希望価格等を明らかにして、申込み受付を開始した。

 (株)ハーキュリーズ・リアルティ(東京都港区、TEL03-6229-1520)を仲介業者として売却するもので、売却希望価格は1億円(建物の消費税は別途)、申込み締め切りは4月27日となっている。

 同ゴルフ場用地は100%借地で、売却する不動産はクラブハウス(2階建て、延べ床面積2454平方メートル)やロッジ(14室)、コース管理棟等の建物と借地権付きの土地273万6302平方メートルで、現況有姿による売却となる。

 同ゴルフ場は継続営業(冬季クローズ明けの営業再開は4月15日予定)できるように、コース管理機器や乗用カート、什器・備品も売却希望価格に含まれている。いわゆる”居抜き”の売却となる。

 土地の賃貸料金(予定)は年間1000万円で、この他に保証金1000万円(同)が必要。土地賃貸借契約を結び、契約から20年間利用でき、更新も可能としている。この他に、ハーキュリーズ・リアルティに対する仲介手数料として、”売買代金の3%+6万円”の支払いが必要となる。

 売り主はスポーツ振興(株)だが、買収希望者の連絡先及び問い合わせは、ハーキュリーズ・リアルティに限定されており、詳しくは同社へ。

 ちなみに、同ゴルフ場はGSグループ入りした旧・緑営グループが会員制で営業していたが、その後の民事再生手続きでパブリック営業となった。在籍していた会員約2500名は、再生計画に基づき、旧・緑営の他8コースに移籍している。

沼田スプリングスCC(群馬県)をリフォーム会社の開新が買収
ゴルフ特信より

 パブリックで昭和48年開場の同倶楽部は新オーナーのもとで、ゴルフ場名を「ゴルフクラブスカイリゾート」に変更し、平成18年7月1日から再スタートを切った。

 同CCは既報通りゴールドマン・サックス(GS)グループが、(株)ハーキュリーズ・リアルティ(東京都港区)を仲介者とし、売却希望価格1億円で公募による入札を実施。入札には10社の引き合いがあり、その内の5社が入札に参加した。

 落札したのは、リフォーム会社の有限会社・開新(東京都豊島区南池袋3-13-9、TEL03-3984-8561、新開政雄代表取締役、資本金300万円)で、6月30日にクロージングして7月に新体制となった。入札価格は明らかにしていないが、推定で1億3000万円〜1億5000万円となっている。

 開新側によると、初めてのゴルフ場運営ということもあり、ゴルフ場党の運営・経営の全般を内容とした業務委託契約を筑波学園GC(18H、茨城県)と結び、7月から同GCのもとで、従来通りパブリック制で営業を継続。

 また、齋藤悟副支配人を含め従業員4名(他は季節雇用等)も再雇用し、施設はリニューアルを実施するとしている。業容の拡大もあり同社は資本金を3000万円にする予定。

 ちなみに、開新が買収した不動産はクラブハウス(2階建て、延べ床面積2454平方メートル)やロッジ(14室)、コース管理棟等の建物と借地権付き(コース用地は100%借地)の土地273万6302平方メートルなどとなっている。

このページのトップへ
GCスカイリゾート・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ