むつごろうカントリークラブ、経営立て直しで町も出資

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

むつごろうCC(佐賀県)の経営立て直しに町も追加出資

ゴルフ特信より、平成18年11月1日

 平成2年開場のむつごろうカントリークラブ(9H、佐賀県杵島郡白石町新明2811、TEL0954-65-5151)を経営する三セクの(株)只江川スポーツパーク(片淵弘晃社長、白石町長)に出資する白石町は、経営立て直しのため追加出資に応じることに決めた。

 同町によると、同ゴルフ場は只江川河口の保全策として建設され、同スポーツパークには旧・有明町と住民が出資し、現在の資本金9600万円の内、50%を町が保有する。

 利用者が年々減少し経営が厳しくなっている中、従業員の削減等を行ってはいたが、金融機関への返済が膨らんでいた。そこで個人株主の提案で、株主の追加出資により返済金を賄うことを決め、町も了承したという。

 追加出資するのは町が約1億8500万円で、個人株主分と合わせ約3億7000万円を増資する。

 町では、ゴルフ場を廃止すると町有地である河川敷の除草など維持管理に毎年3000万円程度出資することや、借地料、利用税で年間500万円の徴収実績があることから、運営維持のために出資を決めたとしている。

 もっとも、「ゴルフ場の経営環境は厳しく、今後も対策を立てないといけない」と町企画課では話しており、スポーツ振興にちなんだ企画を考えたいとしている。

その他・九州地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ