南総CC・ニュー南総GCがゴールドマン・サックスグループの傘下に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ        -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

GSグループ・千葉県の南総CCとニュー南総GCを傘下に

平成18年11月5日

 昭和52年開場の南総カントリークラブ(経営=(株)南総カントリークラブ)と昭和60年開場のニュー南総ゴルフ倶楽部(経営=芙蓉土地(株))をアコーディア・ゴルフ(GS)グループが、平成18年11月1日付けでを経営会社の株式を両社の親会社である土地興業(株)(東京都新宿区袋町3、扇能俊夫社長)から取得して傘下に収めることが判明した。

 芙蓉土地(株)(資産合計117億13百万円)の最終損益は93百万円の利益で欠損金は21百万円、加えて預託金以外に大きな負債は抱えてないと言われており、財務内容も比較的良いだけに、かなりの高額で株式が取引されたと見られるが、株式の取得金額は明らかにされていない。

   → その後土地興業(株)は、平成19年5月11日に民事再生法の適用を申請

 平成11年に預託金の償還対策で、両ゴルフ場共に会員権の分割と据置期間の10年延長を行っている。南総CCの正会員は、分割後の預託金を500万円に統一して分割を行い(割り切れない場合は、平日会員権や特典をプラス)、ニュー南総GCは1350万円にして分割を行っている(同)。

 ちなみに、株主の変更による経営交代で、名義書換は停止せず、会員の権利・義務も従来通りで、運営等についても変更はないという。 

 経営交代及び会員等の処遇に関する詳細は、11月中に会員に対して通知するようだが、先々は(株)アコーディア・ゴルフが両ゴルフ場の運営を受託するものと思われる。

    ↓↓↓

 平成22年1月22日、南総CC、ニュー南総GCが東京地裁へ民事再生法を申請

南総カントリークラブニュー南総ゴルフ倶楽部・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ