名義書換停止中のゴルフ会員権売買・念書売買について

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  個人情報について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

希望値

 例えば、大平洋クラブを500万円で処分したい方がいて、同クラブを400万円で購入したい方がいたとします。そうすると、差額が100万円になり、成立はしません。

 中心値は450万円となります。当然、この値段では処分することも、購入する事もできません。あくまで希望値は、その人の希望ですから、目安であって処分をお考えの方は、中心値よりも若干安くなる、購入をお考えの方は高くなると思って下さい。

 また、相場は毎日変動しておりますので、その日の相場は、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

 椿ゴルフは、貴方様の希望値にそう様、誠心誠意、交渉させて頂きます。

念書売買とは

 名義書換停止中のコースを売買するときに使われる言葉で、現段階では購入しても、名義を書き換えることが出来ない為、当然プレーは出来ません。

 名義書換がいつ始まるかは不明ですが、始まった時に、コースが指定する名義書き換えに必要な書類に署名・捺印し、新しい印鑑証明を添付して、書き換えに全面的に協力する、しない場合は売買代金を全額返済する諭旨の「念書」を添えて売買する事を言います。

リスクが大きい為、お勧め出来ません。

 売り主が、死亡した場合、倒産した場合(法人)は、印鑑証明の再発行が出来なくなります。名義人以外に連帯保証人を付ける必要があります。

 上記以外で、売り主が行方不明の場合も困ります。名義書換がいつ始まるかによってリスクの度合も変わってきますので、確かな情報を入手する必要があります。

売り主(法人のみ)は、損金計上出来ます。平成26年4月1日より個人は出来なくなりました。

                 詳しくは⇒ゴルフ会員権の売却による税金対策


東京都・神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県 長野県 新潟県 福島県

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ