■公益社団法人 津歯科医師会ホームページ : Q&A
 
[ HOME ][ 事務所地図 ][ 津歯科医師会のご紹介 ][ 津歯科医師会会員の医療機関紹介 ]
[ 各種歯科健診 ][ 休日応急診療 ][ 夜間救急歯科診療 ][ 在宅訪問歯科診療
[ その他事業紹介 ][ 歯と口の健康週間事業 ][ Q & A ][ 関連リンク集 ]
[ 講習会・研修会案内 ][ 会員のページ

Q & A

 


 
Q1 休日の朝から歯が痛くてたまりません。休みの日に治療を
    行ってくれるところはありますか?


 
 
A1  津市休日診療所をご利用ください。
 
    お近くの歯科医院で日曜等休日に診療を行っているところも
    ありますので
    こちら(津歯科医師会会員の医療機関紹介)でご確認ください。
 
    救急医療情報ネットはこちら    
 
 

 

 

 Q2 むし歯はどうしてできる?


 
 
A2  むし歯は歯の表面に付着するむし歯菌、主として
    ミュータンス菌によって発生します。
    ミュータンス菌は多くの場合、他の無数の種類の細菌とともに
    私たちの口の中に住み着いています。
    特にミュータンス菌は、私たちが食べる砂糖などを栄養として
    生活し、数が増えてゆきます。
    そのときに、ねばねばした物質を作り出して自分自身はそれを
    利用して、歯の表面に付着して、自分の住む場所を作って
    ゆきます。
    また同時に酸を作り出して自分の周囲に放出します。
    この酸によって歯が溶けてしまい、穴が開いたり、黒い色に
    なったりして、むし歯となってしまうのです。 
 
    詳しくはテーマパーク8020むし歯をご覧ください。

    フッ化物についてはこちらをご覧ください。
 

 

 

 Q3 歯周病とはどんな病気ですか?


 
 
A3  歯と歯茎のまわりを含めた病気です、歯周病の分類は、大きく
    分けて、歯肉炎、歯周炎と咬合性外傷に分けられます。

  1)歯肉炎

    炎症が歯と歯茎(歯肉)に限局して生じる病気で、 歯と歯茎の
    境目が赤く腫れたり、出血したりします。

  2)歯周炎

    歯茎の腫れや出血だけでなく、歯を支えている歯槽骨が溶けて
    歯の動揺(グラグラする)がみられてきます。場合によっては、
    急性症状で歯茎に痛みがでたり、慢性的には腫れ、出血、排膿、
    口臭などがみられてきます。

  3)咬合性外傷

    歯の噛みあわせが、特定の歯にのみ過剰の力が加わると外傷が
    生じ、X線写真で骨の吸収像や歯根膜(骨と歯根の間)の
    拡がりがみられます。

    歯周病が、進行しすぎると歯を残すことは不可能になり
    抜歯となります。 

 
    詳しくはテーマパーク8020歯周病をご覧ください。
 

 

 

 Q4 歯を打ったときはどうすればよいですか?
    (歯の外傷について)


 
 
A4  歯の外傷は , 上の前歯に多く、その場合の症状には、歯が動く、
    欠ける、脱落するなどがあげられます。
    症状が軽い場合でも、その後しばらくしてから症状が出ることが
    あり、そのまま放置しておくと、治療しても予後が悪い場合が
    あります。
    また、乳歯の場合はあとから生えてくる永久歯に影響を与える
    ことがありますので、生えかわりまで定期的に検査し歯の状態を
    長期に観察する必要があります。

    詳しくはテーマパーク8020歯の外傷をご覧ください。
 
 

 

 

 Q5 矯正歯科とは?


 
A5  歯ならびや噛み合わせが悪いと、食べ物をうまく噛めないのは
    もちろんのこと、ムシ歯や歯槽膿漏、口臭の原因となったり
    します。
    一方で、口もとにコンプレックスを抱き、
    人とのコミュニケーションに不都合を生ずることがあります。
    矯正歯科では、歯ならびをそろえ、上下の歯の噛みあわせを
    改善し、さらには口もとの形もととのえて、子供から大人に
    至るまでの口と心の健康とをもたらすことをお手伝いいたします。

    詳しくはテーマパーク8020矯正歯科をご覧ください。
 

 

 

 Q6 顎関節症とは?


 
 
A6  顎関節症とは、あごの筋肉が弱かったり咬み合せが悪かったり
    するため、あごを動かすと痛みを感じたり、痛みとともに
    下あごの動きが制限されたり、口を開けたときにあごの関節が
    「カクッ」「ガクガク」といったような音をたてたりする症状が
    ある病気です。

    詳しくはテーマパーク8020顎関節症をご覧ください。
 

 

                                                TSU DENTAL ASSOCIATION