市民の立場から見た、21世紀の土地住宅都市、公共事業、環境、etc....

ケンブリッジ大学クイーンズカレッジ 「数学の橋」

写真をクリックするとケンブリッジ便りにジャンプします。

2001年にホームページを立ち上げてから10年、国際的にも、国内的にも、20世紀とは違った後ろ向きの変動のあった21世紀の10年でしたが、10年前、イギリスからの帰国の後に、人並みに大病を患い、何事にも消極的になってしまい、中高年者の怠惰さから、改めてホームページも修正したり、加えたりしてきませんでした。そして1959年に世の中に出てちょうど50年、半世紀の年月が過ぎて行きました。齢古希を過ぎて、すべての勤務を終わり年金暮らしの全くの自由人になりました。どうやら健康も回復し、普通の日々を送れるようになっています。

総理大臣の管さんは1946年の戦後生まれ、私より10年若い世代ですし、ジャーナリズムでも、戦前戦後も死語になり、戦争や60年安保を少しでも知っている世代も少なくなり、20世紀はすでに歴史、時代は大きく変化してきています。高度経済成長、右肩上がりですべてを未来に託せた時代は過ぎて、人口は減少、経済は低迷し、先行き不透明な時代に向かっているのかもしれません。戦後の50年の時代が何であったのか、高度経済成長の軌跡、バブルの発生と崩壊など、歴史的にも国際的にもきわめて特異であったあの時代を次の世代に語り継ぐ語り部も必要になっています。そんな気持ちから、私なりに、もう一度この10年を振り返り、語り部の一人を務めようと、ホームページを再開することにしました。

 

 2010.7.1 長谷川 徳之輔

 

 

入り口はこちらから

  

このホームページについて

写真をクリックすると「本人略歴」にジャンプします。