戻る


天体望遠鏡
神秘的な佇まいを見せる土星や宇宙の広大さを感じさせる系外星雲など、宇宙には様々な天体が輝いています。しかし多くの天体は小さく暗いため肉眼では十分捉えることができません。天体望遠鏡を用いればそのかすかな光を収束させて明るく・大きく見ることができます。


Menu
夏から秋にかけては気流が安定する日が多いので惑星の観測に適しています。惑星の観望や撮影に適した商品を中心にまとめました。
鏡筒 セット品 接眼レンズ等 撮影機材 その他


鏡筒

Mewlon-300CRS鏡筒
ミューロンCRS系の30cm、Mewlon-300CRSの登場です。すでに発売になってるMewlon- 250CRSと同様に、ドール・カーカム式の光学系に補正レンズを組み込んだ設計になっています。
この画像はイメージです
詳細


Mewlon-250CRS鏡筒
中心像のシャープさ、リッチークレチアンを上回る周辺像を実現したミューロンCRがさらなる進化を遂げました。
この画像はイメージです
詳細


μ-210鏡筒
ミューロンはドール・カーカム式と呼ばれる凹楕円主鏡と凸球面副鏡を組み合わせたカセグレンタイプの望遠鏡です。
この画像はイメージです
詳細


FSQ-130ED鏡筒
FSQシリーズ最上位機種となるFSQ-130EDが登場。3枚の凸レンズ全てにスーパーED(特殊低分散)ガラスを使用するという贅沢な設計で、これ以上はないという程の収差補正がなされた天体望遠鏡です。
この画像はイメージです
詳細


FC-100DF鏡筒
FC-100DFは、小型軽量で人気のFC-100DCをベースに、ご要望の多かった大型接眼体を採用した新型鏡筒です。
この画像はイメージです
詳細


FC-100DC鏡筒
フローライトF8シリーズの復活第二弾となるFC-100DCの登場です。
この画像はイメージです
詳細


FC-76D鏡筒
1980年代の名機FC-76が、デジタル天体写真の時代に対応した光学系で復活しました。以前のFC-76と同様に後ろ玉にフローライトレンズ、前玉に現代のエコガラスを配置した新設計の対物レンズを採用しています。焦点距離は30mmほど短くなりましたが青ハローを約30%減少させることに成功いたしました。
この画像はイメージです
詳細


FC-76DC対物ユニット
FS-60CB鏡筒をFC-76DCにアップグレードできるFC-76DC対物ユニットをご用意いたしました。
詳細


FS-60Q鏡筒
FS-60Cの世界がさらに広がりました!フローライト2+2アポクロマートのFS-60Qが新発売!各収差を非常に高いレベルで補正している望遠鏡です。
この画像はイメージです
詳細




セット品

タカハシ鏡筒 + スカイウォッチャーEQ5 GOTO赤道儀セット
高性能なタカハシ製鏡筒と自動導入赤道儀「スカイウォッチャーEQ5 GOTO」の組み合わせをご用意致しました。
この画像はイメージです
詳細


TOA-130鏡筒基本セットN
眼視・写真どちらもしてみたい、自分のオリジナルシステムを組んでみたい。そのようなご要望にお応えして、TOA-130鏡筒とそれに必要な最小限のアクセサリーを組み合わせたセットを企画しました。
この画像はイメージです
詳細


TSA-120鏡筒フルセットN
タカハシの望遠鏡の大きな特長のひとつが専用コンバージョンレンズの豊富さです。本セットはTSA-120鏡筒の性能をいかんなく発揮できるよう専用コンバージョンレンズ 3種全てをお付けしてさまざまな対象に対応できるように致しました。
この画像はイメージです
詳細




接眼レンズ等

タカハシ Abbe シリーズ
タカハシAbbeシリーズは、生産終了となっているタカハシOrシリーズをリニューアルした31.7mmスリーブ径の接眼レンズです。アッベ式の基本構成を踏襲した設計で、鮮明で解像度の高い視界が得られます。
詳細


タカハシ TAK-UW シリーズ
TAK-UWシリーズは見掛視界90度の超広角アイピースです。最重要項目として最上級のシャープな星像を追求して設計されました。TOA-130に35フラットナーを組み合わせた非常にフラットな状態を基準とし、その能力を最大に引き出せる設計を実現しています。
詳細


LEアイピース
高コントラスト・ロングアイレリーフ設計の接眼レンズです。レンズ全面にマルチコーティングが施され、非常にクリアな像が得られます。
詳細


ビクセン SSWシリーズ
SSWシリーズは見掛視界83°を実現した新設計の接眼レンズです。標準的な見掛視界の接眼レンズに比べて3倍近くの範囲を一度に見ることができます。
詳細


エクステンダーED1.5×
汎用性の高いエクステンダーレンズです。
EDレンズを1枚使用した全く新しい設計の「エクステンダーED1.5×」が発売されました。
詳細


31.7 2×バロー
31.7mm差し込みの2倍バローレンズです。アイピースアダプターと接眼レンズの間に取り付けることで、使用する接眼レンズで得られる倍率の2倍の倍率で観望することができます。
詳細




撮影機材

TCA-4
一眼カメラで拡大撮影を行うためのアダプターです。月や惑星を大きく引き伸ばして撮影することができます。
詳細


N.C.A
タカハシ製24.5アイピースアダプターでのみ使用可能な一眼カメラで拡大撮影を行うためのアダプターです。
詳細




その他

惑星観測用にあると便利な部品
タカハシ接続環詳細から惑星観測に使えそうなものを抜粋、追加しています。
詳細






注文する

戻る