図でわかる中国経済
2012 年改訂新版



「中国崩壊論」は崩壊した !
中国を学び直すワンチャンス

入門書・用語事典・データ集

まえがき        目次





馬成三 著
A5判軽装カバー掛  270ページ 
定価2,520円(本体2,400円+税5%)

2012年2月13日刊行


注文する



 
 「中国崩壊論」は崩壊した。中国経済に対する予測は何故、外れたのか? 
第一には、中国のことが複雑すぎて、その全体像の把握すら困難だという事情がある。「群盲象を撫でる」という寓話がある。
第二には、中国への「偏見」が中国に対する予測を歪ませた。論者によってはイデオロギーの影響を受けたことも考えられる






本書の特長
(1) 本書は、①中国経済、特に改革開放の軌跡と現状を知るための入門書、②中国経済用語事典、③中国経済に関するデータ集、の三つの利用方法がある。
(2) 中国経済に関心を持つビジネスマンや一般社会人、大学で中国経済やアジア経済に関する科目を履修する大学生(大学院生を含む)の学習に最適である。


著者紹介
馬成三(MA CHENGSAN)
1945 年中国遼寧省生まれ。
1969 年北京大学卒業。
1973 年初め、中国対外貿易部(現商務部)国際貿易研究所に入る。
1978 年、駐日本国中国大使館(商務処)勤務で初来日。
国際貿易研究所高級研究員、富士総合研究所主席研究員などを経て、福山大学教授。
主な著書:『現代中国の対外経済関係』(明石出版社)、『2010年の中国経済』(共著、蒼蒼社)、『中国経済の読み方』(日本貿易振興会)など。


主要内容紹介
    第1 章  総 合 篇
    第2 章  経済開発篇
    第3 章  改 革 篇
    第4 章  産 業 篇
    第5 章  財政・金融篇
    第6 章  国民生活篇
    第7 章  対外開放篇
    第8 章  対中ビジネス篇






sososha@s.email.ne.jp
(株)蒼蒼社 編集部