図でわかる中国経済



「危機」と「チャンス」!



序章        目次




[図でわかる中国経済]の表紙
馬成三 著
A5判軽装カバー掛  256ページ 
定価2,520円(本体2,400円+税5%)

2009年2月12日刊行


注文する



 
 「危機」は成長方式転換を促進し、新たな飛躍を目指す「チャンス」となり、世界における中国経済・中国市場の相対的地位が向上する。中国経済は2020年までは、世界平均より高い成長率を維持していくことができるであろう。隣の成長巨大市場は日本企業にとっても大きなビジネスチャンスとなる






本書の特長
(1) 図表を駆使して、基本的知識を分かりやすく解説。
(2) 108のキーワードで、歴史と経済構造をガイド。
(3) 改革開放30年の軌跡と現状を知る最適の入門書。


著者
馬成三(MA CHENGSAN)
1945 年中国遼寧省生まれ。
1969 年北京大学卒業。
1973 年初め、中国対外貿易部(現商務部)国際貿易研究所に入る。
1978 年、駐日本国中国大使館勤務(商務担当書記官)で初来日。
国際貿易研究所高級研究員、富士総合研究所主席研究員などを経て、2000年4月より静岡文化芸術大学教授。
主な著書:『現代中国の対外経済関係』(明石出版社)、『2010年の中国経済』(共著、蒼蒼社)、『中国経済の読み方』(日本貿易振興会)、『WTO加盟で中国経済が変わる』(共著、東洋経済新報社)、『中国進出企業の労働問題』(日本貿易振興会)、『中国経済の国際化』(サイマル出版会)など。


主要目次
序章 「危機」と「チャンス」
第1章 総 合 篇
第2章 経済開発篇
第3章 改 革 篇
第4章 産 業 篇
第5章 財政・金融篇
第6章 国民生活篇
第7章 対外開放篇
第8章 対中ビジネス篇






sososha@s.email.ne.jp
(株)蒼蒼社 編集部