露天風呂(混浴)|奥塩原温泉 湯荘白樺(奥塩原新湯温泉旅館)

平成18年9月5日付の読売新聞に温泉の効能について科学的に立証ができた、と記事が掲載されました。
以下はその記事です。

「高血圧・胃潰瘍・リウマチ…温泉の効果、科学的に立証」

酸性の温泉水が高血圧や胃潰瘍(かいよう)、関節リウマチなどに効くメカニズムを、 名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明助手らがマウスによる実験で突き止めた。 温泉の効能は経験的に言い伝えられているが、その科学的なメカニズムはわかっていなかった。
秋田市で開かれる日本温泉科学会で9月6日発表する。
岡嶋教授らは、脊髄(せきずい)から皮膚に延びる知覚神経細胞をマウスから取り出して培養。 これに薄めた酸性の温泉水をかけて刺激すると、神経末端からたんぱく質の一種(CGRP)が放出された。
CGRPは血圧降下のほか、炎症抑制、傷の治癒促進などの作用がある「インスリン様成長因子(IGF)-1」というたんぱく質を増やす。 そこで実際に、マウスを酸性の温泉水(40度)に5分間つけ、皮膚や血中、胃組織のIGF-1濃度を測定した。 その結果、何もしない状態に比べ、温泉水では8〜3倍増えていた。 さらに、ストレスをかけて胃潰瘍にしたマウスを温泉水につけると、潰瘍の長さが3分の1以下になった。 岡嶋教授は「温泉水の熱と酸性刺激が脳に伝わって副交感神経を刺激、体内のIGF-1が増えて、 自己治癒力を高めるらしい」と話している。

二日酔いにも効果覿面?
要するに酸性の温泉水は胃潰瘍や高血圧・リウマチに効く。その酸性の温泉ですが、ここ奥塩原の温泉も酸性なんです。
成分分析表を見てもらえば一目瞭然、pH2.6 の酸性硫黄泉です。
どうりでこの辺で胃潰瘍だなんて人、聞いたことないな。
そういえば2日酔いの時、「温泉水を飲むと一発で治る」という人がいて、信じてませんでしたが本当なのかもしれません。




温泉分析書

源泉名 共同噴気泉(奥塩原新湯 中の湯)
源泉所在地 栃木県那須郡塩原町湯本塩原
泉質名 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型)
(掲示泉質名 硫黄温泉)
源泉温度 79.2度 / pH値 2.6


療養泉分類の泉質に基づく、適応症、禁忌症

泉質別適応症 きりきず、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病、動脈硬化症、糖尿病
一般的適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、妊娠中(初期と末期)、その他 一般に病勢進行中の疾患


温泉1kg中の成分

水素イオン濃度(pH)2.6
蒸発残留物 440mg/kg 成分総計  414mg/kg
 陽イオン ミリグラム

水素イオン(H+) 2.5
ナトリウムイオン(Na+) 4.3
カリウムイオン(K+) 1.7
アンモニウムイオン(NH4+) 0.0
マグネシウムイオン(Mg2+) 2.5
カルシウムイオン(Ca2+) 6.3
アルミニウムイオン(Al3+) 8.8
マンガン(II)イオン(Mn+) 0.1
鉄(II)イオン(Fe2+) 1.4
銅イオン(Cu2+) 0.0
亜鉛イオン(Zn2+) 0.1
28.3
 陰イオン ミリグラム

水酸イオン(OH-) 0.0
フッ素イオン
(F-)
0.0
塩素イオン(Cl-) 10.7
ヨウ素イオン(I-) 0.0
水硫イオン(HS-) 0.0
チオ硫酸イオン
(S2O32-)
0.0
硫酸イオン(SO42-) 211.7
炭酸水素イオン
(HCO3-)
0.0
炭酸イオン(CO32-) 0.0
硝酸イオン(NO3-) 0.0
ヒドロ硫酸イオン
(HSO42-)
17.9
240.3
非解離成分 ミリグラム

メタ硫酸(H2SO4) 0.1
メタケイ酸(H2SiO3) 89.8
メタホウ酸(HBO2) 0.2
 
非解離成分計 90.1

溶存ガス成分 ミリグラム

遊離二酸化炭素(CO2) 0.0
遊離硫化水素(H2S) 55.4
 
溶存ガス成分計 55.4
その他の微量成分 鉛イオン   0.01mg/1