中の湯・寺の湯・むじなの湯|奥塩原温泉 湯荘白樺(奥塩原新湯温泉旅館)

公共温泉(中の湯、寺の湯、むじなの湯)は、新湯の旅館にご宿泊の方は無料で入れます。
共同浴場温泉分析表(pdf)

中の湯

昔は新湯温泉神社近くにも共同浴場「上の湯」があり、そこに対して「中の湯」と名が付いたそうです。
こちらの源泉は他に比べ湯量が豊富で、奥塩原の旅館の温泉と同じ源泉です。 むじなの湯や寺の湯に比べると、やや柔らかい感じの泉質です。

中の湯

■入浴料 300円(新湯の旅館宿泊者は無料)
■利用時間 7時〜18時
■浴槽 男女別
■効能 特に神経痛、筋肉痛、関節痛に効果があります。
■泉質 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型) 湯温79.2度 pH2.6
■清掃日 不定



寺の湯(混浴)

寺の湯は、噴煙がもうもうと上がる「硫黄山」のすぐ下にある共同浴場です。
昔はこの地に「円谷寺」というお寺があり、その境内には温泉の浴場があったそうです。 現在は廃寺となっていますが、その昔を偲び「寺の湯」の名がついています。
非常に濃い温泉で、入ると少しピリピリします。新湯共同浴場では唯一の混浴、当時の湯治場風情を色濃く残す姿がここにはあります。

寺の湯

■入浴料 300円(新湯の旅館宿泊者は無料)
■利用時間 7時〜18時
■浴槽 混浴
■効能 特に皮膚病、水虫、やけどなどに効果があります。
■泉質 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型) 湯温65.8度 pH2.8
■清掃日 不定



むじなの湯

ネット上でも度々話題に上がる奥塩原の顔的存在です。 その昔、むじな(栃木県ではたぬきのこと)が傷を癒すのに浸かっていたことからその名が付いたと言われています。
浴槽の奥の岩(霊岩とも言われています)より染み出る温泉をそのまま利用しています。 常連さんも多く、いつもにぎわっています。
少し熱いと思いますが、湯量が少ないためなるべく加水をせずにお入りください。 清掃のため、毎週月曜日と金曜日は入浴が規制されます。ある雑誌で、日本の共同浴場ベスト10に入りました。

むじなの湯

■利用時間 7時〜18時
■効能 特に神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節炎に効果があります。
■泉質 酸性含硫黄−アルミニウム−硫酸塩温泉(硫化水素型) 湯温59.2度 pH2.4
■清掃日 月曜日・木曜日(午前9時頃〜午後4時頃まで)