採用情報

福利厚生

ワーク・ライフ・バランスの推進

当院は「ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言(※)」を行いました。
ワーク・ライフ・バランスとは仕事にやりがいや自己成長を感じながら、その一方で子育てや介護、家庭や地域での生活、自己啓発などといった個々のプライベートも充実させるという考え方です。当院では職員にとって働きやすい職場環境を提供すために多様な働き方を取り入れ、子育て支援や福利厚生を充実させる取り組みを行っております。

※ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言とは
ワーク・ライフ・バランスを実現できる社会の構築を目的とし、仕事と生活の調和推進に取り組むことを宣言する企業・団体を支援する兵庫県の取り組みです。

職員向け院外保育

小さいお子さんをお持ちの職員が安心して仕事に集中できるよう、神姫ひかり幼児園と法人契約をむすんで院外保育を行っております。
近年では病院の一部や隣接した施設に院内保育所を持っている病院も多くなりました。しかし当院が院内保育所ではなく神姫ひかり幼児園と提携しているのは理由があります。神姫ひかり幼児園がヨコミネ式保育を取り入れており、のびのびと子供の才能を伸ばす保育を行っているからです。保育へのこだわりや教育ノウハウを持っている神姫ひかり幼児園にお子さんを預けることにより、職員に質の高い保育サービスを提供したいと考えています。

  • ・神姫ひかり幼児園を利用する場合は保育費用の半額を
    病院が負担
  • ・病院(お預かりルーム)から幼児園までお子さんの送迎を
    実施

ヨコミネ式保育

横峯吉文氏(プロゴルファー横峯さくらさんの伯父)の「すべての子どもが天才である。ダメな子なんて一人もいない」という信念のもと、自立を促すことを目標としています。 「読み・書き・計算・体育・音楽」を通して、「学ぶ力」「体の力」「心の力」をつけさせ子どもの中に秘めた「できる力」を最大限引き出します。
例えば運動の時間では、体育の先生や担任が「これをしなさい」とお子さんに強制的にさせるのではなく、友達を見て「やりたい!やってみよう!!」という気持ち、またその意欲を尊重しつつ進めています。十分な注意を払い見守りながら進めていくものの、こども達の気持ちが先走り時にはケガをすることもあるかもしれません。しかし見守っている大人が「危ないからこうしなさい」と初めからお子さん達の行動を全て制限してしまうのではなく、お子さん自身が経験を通して身を守る方法を学ぶ手助けをしていきます。

神姫ひかり幼児園の特色

■基本的習慣の習得

さまざまな体験や遊びの中で、「元気な子」「優しい子」「頑張れる子」を育てます。
また生活に必要な基本的習慣を身に付けます。

■充実した保育プログラム

ヨコミネ式保育・スイミング・英会話・和太鼓・手話・俳句など充実した保育内容で、子どもの内に秘めた能力を引き出します。

神姫ひかり幼児園http://www.shinkibus.co.jp/hikari/hikari_index.html

職員向け院外保育についての詳細については、お気軽にお問合せください。

職員向け院外保育に関する問合せ先

特定医療法人財団清良会 書写病院
総務課

〒671-2203 兵庫県姫路市書写台2丁目28番地
TEL:079-266-2525(代表)
FAX:079-266-3050
MAIL:shosha@medical.email.ne.jp

部活動について

走ろう会(マラソン)

走るのが好きな有志メンバーが集い景色の良いところに走りに行ったり、マラソンイベントへ出場したりしています。姫路市では世界遺産姫路城マラソンが開催されるため、当院から出場するランナーの応援にたくさんのスタッフが駆け付けました。
健康増進や気持ちのリフレッシュのために、一緒に走りましょう!

その他 ゴルフ同好会 ソフトボール同好会 など皆でアウトドアスポーツを楽しんでおります。


「ひょうご仕事と生活の調和」推進宣言

当院では職員が仕事と生活の充実を感じ、威力と能力を十分に発揮できるような仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)が実現できる組織の構築を目指しています。

「一般事業主の行動計画」を策定

一般事業主行動計画とは、従業員の仕事と子育ての両立を支援するための雇用環境の整備等について事業主が策定する計画です。

  • ・計画期間:平成26年4月1日~平成28年3月31日
  • ・計画事項:育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知

一般事業主行動計画を以下の通り策定しました

  • ・計画期間:平成28年4月1日~平成33年3月31日
  • ・計画事項:年次有給休暇の取得のための措置の実施

「子ども参観日」を実施(平成25年度)

「子ども参観日」は従業員の仕事と子育ての両立を図る取り組みの一環です。職員のお子さんが親御さんの職場を見ることで仕事に対する理解を深め、いつも一生懸命仕事をしているお親御さんに感謝の気持ちを持ってもらうことを目的としています。

当院では平成25年8月7日(水)に「子ども参観日」を実施し、職員6人とそのお子さん達14人が参加してくださいました。

  • ・健診センターで血圧測定にチャレンジ
  • ・超音波実演の見学
  • ・お母さんのナース姿を思い浮かべつつ病棟見学
  • ・薬剤科では分包機の機能に興味津々
  • ・リハビリ科では車椅子体験

暑かった夏休みの一日、子ども達は「お父さん」「お母さん」のお仕事を少しだけ知ることが出来ました。

健康管理

◆インフルエンザ予防接種
  • ・職員本人は自己負担なし
  • ・職員家族は自己負担2,700円(通常は3,780円)

◆定期健康診断
  • ・協会けんぽの一般健診に以下の検査を追加して行った場合、自己負担なし
  • ・乳がん検診(40歳~74歳の偶数年齢の女性)
  • ・子宮頸がん(36歳~74歳の偶数年齢の女性)
  • ・眼底検査・肺機能検査・腹部超音波検査(40歳・50歳)

看護師以外の募集要項はこちら看護師募集要項はこちら