通所リハビリテーション

ご案内

当施設では、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士による状態に応じた機能回復訓練が受けられます。ご自身で当施設まで通うことに不安のある方もバス送迎体制つきですのでご安心ください。必要であればお部屋までの送迎も行っています。
また当施設ではリハビリテーションだけでなく、入浴や食事といった生活援助も合せてご利用いただけます。ご家族の介護負担軽減のためにもぜひご活用ください。
当施設は訓練や介護などのサービスの他にも、いきいきと日々をお過ごしいただくために生きがい作りに力を入れており、園芸療法士による園芸療法や習字・手芸などのクラブ活動、ボランティアによる歌の会やカラオケ大会などの活動も積極的に行っています。また催し物も充実しており、職人による寿司キャラバンやケーキバイキングなども多くの方からご好評いただいています。

特徴

当施設では理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのコメディカルスタッフを充実させ、リハビリテーションの個別対応に力を入れています。それぞれのコメディカルスタッフがご利用者様と一対一で対応し、一人ひとりに合った訓練を行うことで機能の維持・回復に努めています。
また初めてのご利用者様には、初回利用までにデイスタッフと理学療法士がご自宅まで伺い、ご利用者様とご家族様のご要望を取り入れながらリハビリ計画を立てます。リハビリ計画はご利用者様の状況に応じて毎月見直しを行っています。

園芸療法について

園芸療法とは、心や体を病んだ人たちのリハビリテーションとして園芸活動をセラピーの手段として利用する療法です。草花や野菜などの園芸植物や、身の回りにある自然とのかかわりを通して、心の健康、体の健康、社会生活における健康の回復を図る療法といえます。花や緑は人々の心を和ませ、安らぎや快感、活力、生気を与え、人と人とを近づけ、交流の場を創り出します。高齢化社会に伴う問題や、時代の変化とともに急増する現代人のさまざまなこころの病へのケア、リハビリテーションを必要とする人々への支援など、ひとりひとりの切り離せないこころとからだの健康や生活の質の改善のために、園芸療法は積極的に活用されるべき療法と考えています。 当院の通所リハビリテーションには、兵庫県園芸療法士が在籍しており、積極的に園芸療法を実施しております。利用者様のそれぞれの状態に合わせた作業のプログラムを作成し、植物を育てることで、身体的、精神的、社会的に損なわれた機能を回復していきます。

<屋内での園芸療法の様子>
<散歩も兼ねた園芸療法>
<園芸療法士による園芸療法>
<園芸療法士による園芸療法>
<レイズベッドを利用した園芸療法>
<庭で育てたしその葉を摘む>
<摘んだしその葉でジュースを作る>

「レイズベッド」のご紹介

植物をレンガや石などで囲い、床面を高くした花壇のことです。腰をあまりかがめずに観賞し、手入れができるので、高齢者や身障者に配慮されたバリアフリーの園芸スタイルです。

<レイズベッド>
<レイズベッドが出来る前>
<レイズベッドが出来た後>

青空デイクラブの紹介

当院の通所リハビリテーションでは、さまざまなクラブ活動を実施しております。下記の写真はその一部です。

<お化粧クラブの様子>
<習字クラブの様子>
<ハンドマッサージクラブの様子>

地域の皆様へのメッセージ

当施設は家庭的な雰囲気の中でご利用者様に親しんでいただいています。
ボランティアによるレクリエーションや催し物を多く行っており、当施設に楽しみながら通っていただけるように取り組んでいます。見学は随時受け付けておりますのでお気軽にお電話ください。

<寿司キャラバンの様子>
寿司キャラバンの様子

<リハビリの様子>
リハビリの様子

通所リハビリテーションに関するお問い合わせ
TEL:079-268-0210 (担当:篠原・林)