毎年恒例上映 <26年目のチェルノブイリ>
『ナージャの村』『アレクセイと泉』『祝の島』上映

当館のオリジナル企画として2008年から開催している<4.26>シリーズ。
チェルノブイリ原発事故が起こった4月26日に併せて原子力発電に関する映画のオールナイト上映および特集上映、ポレポレタイムス社で製作した本橋成一の三部作(『ナージャの村』『アレクセイと泉』『祝の島』(監督:纐纈あや))のアンコール上映を行ってきました。
チェルノブイリの恐怖は原子力発電がある限り自分たちと暮しの隣り合わせであるということを忘れず、考え続けてゆくために継続することが何より大切であるという思いから、年1回の恒例企画としてきました。
そのなかで起こったのが昨年3月11日の東日本大震災に端を発する福島第一原子力発電所の事故でした。
その後の1年間で、今までとは比にならないほど原発やエネルギーに関する映画が多く上映・新規公開されるようになりました。
その状況のなかで当館の<4.26企画>として見ていただくべきものは何なのか、本企画の意義を自問してきましたが、原点に立ち返って考えると、チェルノブイリでも福島でも起こっていることは同じ。
自分の居場所をどこに置いて、どのような選択をして暮してゆくのかということでした。
チェルノブイリから26年、福島から1年。
原子力発電と隣り合わせにある現在の暮しについて考える機会を持ち続けていただきたいという思いを新たにし、チェルノブイリ原発事故で汚染された土地に住み続ける人々を映した本橋成一監督作品『ナージャの村』『アレクセイと泉』、原子力発電所建設に反対して自らの暮しを守ってきた人々を映した纐纈あや監督作品『祝の島』(本橋成一プロデュース)のアンコール上映を例年同様行います。
また、4月28日(土)の深夜から開催するオールナイトでは、チェルノブイリ労働者の街のその後を映した『プリピャチ』、加藤鉄監督の新作『フクシマからの風 第一部 喪失あるいは蛍』を公開に先立って先行上映致します。
これら5作品は原発の安全神話や被曝の危険性など科学的な見地でも、脱原発や持続可能性といったエネルギー論的な見地でもなく、ただ故郷に住み続けたいと願う、人間が大地を汚したということに自覚的な人々を捉えた作品群ともいえます。
この時期に上映することにより、これからの暮しについて考える機会となることを願っています。


チラシDR(表)
 
チラシDR(裏)




タイムテーブルは最下段

上映作品
『ナージャの村』
1997年/118分/35mm上映

監督・企画・原案:本橋成一/製作:鎌田實、神谷さだ子、小松原時夫
台詞:阿奈井文彦/撮影:一之瀬正史/音楽:小室等/録音:菊池信之/編集:佐藤真

チェルノブイリ原発事故で汚染されたベラルーシのドゥヂチ村。そこに故郷を離れず、汚染された村に残る6家族がいる。そこは汚染されているとは思えないユートピアのように美しい村。写真家・本橋成一の初監督作品。
作品提供 : サスナフィルム
『アレクセイと泉』
2002年/104分/35mm上映


監督:本橋成一/撮影:一ノ瀬正史/音楽:坂本龍一/録音:弦巻裕/編集:村本勝
スチール:明石雄介/ナレーション:アレクセイ・マクシメンコ

ベラルーシ・ブジシチェ村はチェルノブイリ原発事故によって放射能で汚染された。しかし村の泉からは放射能が一切検出されない。豊かな大地、奇跡の泉と共に暮らす人々を、坂本龍一の音楽と美しい映像で綴ったベルリン映画祭受賞作。
作品提供 : サスナフィルム
『祝(ほうり)の島』
2010年/105分/HDV上映

監督:纐纈あや/プロデューサー:本橋成一/撮影:大久保千津奈/編集:四宮鉄男
音響効果:菊池信之/製作:大槻貴宏/ナレーション:斉藤とも子

瀬戸内海に浮かぶ山口県上関町祝島。豊穣な海や山の恵みに支えられた1000年の歴史を刻む島。1982年、島の対岸4kmに原子力発電所の建設計画が持ち上がる。効率と利益を追い求める社会が生み出した原発と、大きな時間の流れと共にある島の生活。原発予定地と祝島の集落は、海を挟んで向かい合っている。
作品提供 : サスナフィルム

     
 タイムテーブル

4/21 4/22 4/23 4/24 4/25 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1 5/2 5/3 5/4
月・祝 木・祝 金・祝
8:50 C※
20:50 C※

★ = 5月3日(木・祝)20:50の回は『フクシマからの風』特別先行上映を行います!

A = 『ナージャの村』  /  B = 『アレクセイと泉』  /  C = 『祝の島』

※『祝の島』4月27日(金)8:50の回、4月28日(土)20:50の回は、上映後に纐纈あや監督の舞台挨拶がございます。
  その他、『ナージャの村』『アレクセイと泉』上映回でも、本橋成一監督の来場を予定しております。

・5/1は映画サービスデーです。