親鴨会関西支部

管理責任者 : 友國健司
oyagamo-kai@kansai.email.ne.jp

親鴨会関西支部

親鴨会会員の近況
(6ヶ月経過すると自動削除されます)


村嶋紀久男さんの近況(2020/09/11掲載)

愛と命のコンサートのご案内 関西親鴨会のみなさま

酷暑とコロナ禍の夏、お見舞い申し上げます。
皆さまもご苦労の多い日々だろうと思います。いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
こちらも今年1月「阪神淡路大震災25周年・コンサート」を無事終えたと思いきや、 いきなり新型コロナの到来で、集うこと・歌うことを大きく制約される日々になりました。
しかしこの8か月間、「私たちにできることを」を求めて、努力をし続けました。
そして本日、別紙チラシ内容の、「愛と命のコンサート」を今月9月22日(火・祝日)芦屋ルナホールにて開催のお知らせすることができます。
ここまでたどり着くまでには、大きな苦労と努力が必要でした。
 自粛で閉ざされた時期での「できること」は、ZOOMによるオンラインレッスンでした。
初めての実施に20数名の団員が応じ、画面越しでも大人子ども団員共に熱心に歌と演技レッスンが繰り広げられました。
村嶋・檀は1回ごとの脚本、選曲をしてテキストを用意し、今回公演の企画原型とエネルギーを得ることができました。
しかし、電波差で声を合わせること(合唱)ができない悩みの2か月でもありました。
自粛解除後の「できること」は、感染防止を徹底したホールレッスン再開でした。
テラホールの空間確保、「歌えるフェースシールド」着用など、安心安全の練習実施をめざし、他より一早く6月に再開できました。
大人子ども団員の歌声が響き合った時は、涙する思いがしました。
その後の「できること」は、いつでも公演を実施できるための練習をすることでした。
しかしルナホールは感染防止のため、700席のうち3席に1席の200の限定席、50~60万の赤字覚悟となります。
ただ、さまざまなコンサートが中止・延期に追い込まれている中で「音楽文化の灯を消さない」の団員仲間一同の思いで、公演実施の決意に立ちました。
さて、今公演内容の見どころを簡単にご紹介させて頂きます。(詳細チラシ参照)
第一部は、名手早川奈穂子さんのピアノ独奏、ソプラノ水野昌代さん(関西二期会)のモーツァルト曲、檀美知生(村嶋紀久男)の10年ぶりの「魔王」の独唱と、芸術の香り高いクラシックのステージです。
第二部は、大人子ども団員、7組の家族一同による、アンデルセン童話のオムニバスミュージカル。私は劇中歌でプーチーニの「誰も寝てはならぬ」も歌います。
従来の「コーラスミュージカル」とまた違い、個人の技を磨き、画像も駆使した思いっきり楽しいステージです。
生の演奏演技ならではの感動で「心の免疫力アップ」をどーぞ。
さらには「感染防止プリント」にありますように、皆さまには安心安全の会場での「感染防止プリント」公演をめざしています。
この全席指定席の200席を大事な皆様に埋めて頂くことを切に望んでいます。
チケットは必ず事前にお求めください。もし、お越し頂くことがかなわない場合は、公演DVDを作製・販売いたしますので、ご購入へのご協力をください。
私たちへの財政的・精神的な活動継続のご支援を心よりお願い申し上げます。
それでは、皆さまからのご連絡をお待ち申し上げています。
これからもつづくであろう困難を、皆さまが元気に乗り越え、ご活躍されることを心よりお祈り申し上げています。
                       2020年9月5日
     奇跡の街合唱団 代表 檀 美知生(村嶋紀久男) 村嶋由紀子

  * Eメール 村嶋紀久男 terra@kcc.zaq.ne.jp
****************************
 私の好きなこの街復興支援プロジェクト/奇跡の街合唱団
 代表 檀 美知生(村嶋紀久男) ディレクター村嶋由紀子
 〒659-0062芦屋市宮塚町12-19 TEL/FAX 0797(22)9438
****************************



友國健司さんの近況(2020/01/29掲載)

KSC男声合唱団 第7回定期演奏会のご案内 親鴨会会員の皆様

 来る3月28日に神戸市文化ホールで私が所属するKSC男声合唱団の
第7回定期演奏会が開催されます。
 今回は「新たな一歩」として 阪神淡路大震災の復興25年と我が団の創設20周年を記念して実施いたします。
 客演指揮に全日本合唱連盟関西支部長の斉田好男先生をお迎えしております。 男声合唱の重厚なハーモニーをお聴きいただければと思います。
入場は無料ですが、入場整理券が必要です。
ご希望の方は、下記メールアドレスにご連絡下さい。

       関西支部長 友國健司

連絡先 : (kenji@tomokuni.net)



渡士幸一さんの近況(2019/12/11掲載)

渡士あかねメゾソプラノリサイタルのご案内 掲題の件ですが、娘がリサイタルを催します。
今回は万葉衣装を身につけ、令和の典拠となった万葉集「梅花の宴」を組曲にしたものを中心に日本の歌とイタリアの名曲を織り交ぜて歌います。
日本の古歌が西洋の旋律に乗ればどのように響くか、ぜひ、ご来聴ご高評をいただきたく存じます。

日時は、2020年1月5日(日)開演午後2時
場所は、京都府民ホールアルティ(御所西)です。

連絡先:渡士幸一 koichi.toshi@gmail.com
 電話:075-595-2046/090-8140-6134


詳しくは添付をご覧ください。ご多用中恐縮ですが、ご返事を戴ければ幸いです。よろしくお願いいたします。




村嶋紀久男さんの近況(2019/04/19掲載)

コーラスミュージカル「夢学校」公演のご案内 関西親鴨会のみなさま
桜の開花の季節、新元号も始まる年度初めですが、皆さまにはお元気にご活躍のことと思います。いつも私たちの活動にご理解、応援ありがとうございます。
今年は6月2日(日)に新作のコーラスミュージカル「夢学校-いのちの薔薇園-」を初演します。
イギリスの文学「秘密の花園」を原作に、妻村嶋由紀子が新作のオリジナル脚本を書き下ろしました。
私は主演の学園長役で妻役のプロのソプラノ歌手水野昌代さんと共演します。
また「雪の女王」「Cats in Kobe」で鍛えてきた11人の小学生、2人の中学生も歌に芝居に活躍します。
東日本大震災、熊本地震、朝倉豪雨地域の被災地を音楽ボランティア公演を続けてきて、被災者の心に沿う演奏を学んできました。
壮大なテーマとして「災害から逃れて生き抜く」<大人たちの勇気>と、秘密の花園を蘇らせていく<子供たちの成長>を描きます。
また、今回はロンドンミュージカルで学んだ手法で美しい映像を駆使した映画のような舞台にしていきます。
コーラスミュージカルは私たちが生み出し、皆さまのご支援で30年近くやってきました。
皆さまに感動と喜びをお届けできるように、今回も大きなエネルギーで大人も子どもも全力で取り組んでまいります。
子どもも楽しめる内容なので、お孫さんなど連れて家族でご来場ください。

** コーラスミュージカル「夢学校-いのちの薔薇園-」案内 **

【公演】: コーラスミュージカル「夢学校-いのちの薔薇園-」
    (原作バーチェット「秘密の花園」 脚本・演出 村嶋由紀子)
【日時】: 6月2日(日)  開場14時半 開演15時
【場所】:芦屋ルナホール
   (JR芦屋、阪急芦屋川、阪神芦屋から徒歩約5-6分)
【内容】:ソロと合唱、芝居からなる2時間の大作です。
    (詳細は添付ちらしをご覧ください)
【参加費】: 前売り券 大人2500円 中高生 1000円
      小学生/避難者/障がい者 500円
【申込】:下記のいずれかから、お申込みください。
  * Eメール 村嶋紀久男 terra@kcc.zaq.ne.jp
  * 「私の好きなこの街復興支援プロジェクト」
    ホームページより  http://danmuraproj.com


****************************
 私の好きなこの街復興支援プロジェクト/奇跡の街合唱団
 代表 檀 美知生(村嶋紀久男) ディレクター村嶋由紀子
 〒659-0062芦屋市宮塚町12-19 TEL/FAX 0797(22)9438
****************************



写団「松井塾」の近況(2018/09/15掲載)

社団「松井塾」写真展のご案内 親鴨会関西支部会員で構成されている写真クラブである「松井塾」の写真展が開催されます。
「松井塾」は、松井秀雄さん(塾長・二科会写真部審査員)のご指導の下、写真好きの会社仲間が集まり趣味の写真を楽しんでいます。
この度、3回目になる写真展を開催することになりました。
今回は「光と炎のページェント」をテーマにした作品群を展示しています。
お近くにお出かけの時はお立ちより頂ければ幸いです。

開催日:10月12日(金)~18日(木) 10時~19時(最終日は14時まで)
開催場所:大阪富士フォトサロン (入場無料)
大阪市中央区本町2-5-7 メットライフ本町スクエア(旧大阪丸紅ビル)
TEL 06-6205-8000

詳しい情報は(ここをクリック)

利谷久男さんの近況(2018/09/13掲載)

平成三十年能面展のご案内 30年以上能面打ちを趣味にしています。午前面打ち、午後はスポーツジムの毎日です、ここ20年間は年末年始スキー、2、3年に1回の登山 でした。今年は穂高で登山卒業と思っていましたが最近体調に問題が発生し卒業不可に追い込まれました。 さて所属している会の今年の能面展案内メールを、下記に転載させて頂きます。

     <<平成三十年能面展のご案内>>

ご無沙汰しています、利谷です。
今年の夏は猛暑に加え地震、台風、豪雨の次は、秋雨前線の居座りと大変な年です。 皆様お変わりありませんでしょうか? 今年の新作能面展には能面2面を出展しています。
今年の能面展を下記ご案内申し上げます。

日本面美会     平成30年 第47回 新作能面展

1.期間
  平成30年10月16日(火)から 10月21日(日)
  10時から18時(最終日16:00時まで)
   入館は終了30分前までにお願いいたします。
2.場所・交通
・京都府立文化芸術会館2階(京都府立医大病院真向かいです)
・交通 *市バス「医大病院前」下車 すぐ
3.入場 無料
4.主催 日本面美会
5.後援 京都府、京都市、京都新聞社
                        以上
 日本面美会・役員 利谷 玄久  e-Mail:wtbru6u6@sky.plala.or.jp

追記:
 今年は能面「雷電」と「小面」の 二面を出品しています。

・能面「雷電」
  能「雷電」は讒言により大宰府に左遷された菅原道真が
  憤死し、雷電となり都に現われ内裏に祟ります。
  全面に金泥(粉)を施し稲妻様の髭は銀泥(粉)仕上げです。
  眼と歯には金(カネ)を嵌めこの世の人ではない超人的
  パワーを、持つ事を表しています。

・能面「小面」
  小面(コオモテ)は能面を代表する若い女の面で、
  面打ちを習い始める際に、大抵最初に手掛ける面です。
  今回三十数年ぶりに打つてみて、あまり上達していないのが、
  分かりどうゆう事でしょう。

 以上、拙い説明で失礼致しました、  玄久


室正美さんの近況(2018/04/20掲載)

「Adios Amigo」CDアルバムの完成とリリース 親鴨会関西支部の室 正美です。
今年も3月25日と4月3日にカントリー音楽のライブを開催し、多くの親鴨会員の方々にもお越しいただき、盛況裏に終えることが出来ました。
そして、念願のCDアルバムが完成し、3月25日のライブの日にリリースいたしました。
12曲を収録しておりますが、全て優しくて、癒されるような曲を選曲いたしました。
バックミュージックも歌声もコーラスもこの点を考慮して作成いたしました。
収録された曲の中にはお馴染みの曲もあると思いますし、一緒に口ずさんでいただけるのではないでしょうか?寝る前に聞くと安眠が約束されることでしょう。
CDアルバムのタイトルにもなっている「Adios Amigo」、「Danny Boy」、「Mona Lisa」等はよくご存じの曲だと思います。
4月15日にはラジオ関西の「Country Music Travel」という番組でもこのCDの中から1曲を紹介していただきました。
4月21日(土)22時からFM三木でも再放送されます。PCなどを利用して、サイマルラジオ(http://www.simulradio.info/) で聞くことが出来ます。
そのHPで近畿地区の「エフエムみっきぃ」の右にある「放送を聞く」をClickし「開く」をClickすると聞こえてきます。
CDの販売価格は2,000円(消費税込み)です。郵送料は当方で負担いたします。
(代金の振り込み方法などはCD送付時にご連絡いたします)
申し込みは室宛にお電話でもメールでも結構です。
下記のCDアルバム申し込み専用E-mailでもお受けしております。

メール  adios.amigo.cd.album@gmail.com



塩出芙美絵さんの近況(2017/12/07掲載)

グループ展(@西宮北口)のお知らせ 塩出芙美絵さんから送られてきた文章を掲載します。

1970 ==>> 1999 在籍のシオデです。

ここ3年、デッサン教室に通っていますが、その先生の各種教室合同の発表会が西宮北口駅すぐそば ACTA東館 6 階であります。
私は、デッサン一枚とその教室で描いたのではない水彩色えんぴつ画を三枚出しています。
テーマ(というほどでも・・)はモロッコです。
通りすがりのついでに見て下さると嬉しいです。

私の受付当番時間帯に来ていただけると作者直々の解説が聴けますよ。

12月12日  12時 ==>> 14時半
12月13日  10時 ==>> 12時
12月14日  14時半 =>> 17時
12月15日  16時 ==>> 17時
12月16日  14時半 =>> 17時
12月17日  14時半 =>> 17時


渡士幸一さんの近況(2017/11/19掲載)

渡士あかねメゾソプラノ・リサイタルのご案内 渡司幸一さんから送られてきた文章をそのまま掲載します。
親鴨会ではいつも大変お世話になっております。有難うございます。

さて、小生の娘が、2018年1月5日(金)、京都御所西側の京都府民ホール・アルティに於いて、 メゾソプラノリサイタルを催すことになりました。

今回は、『愛、それは希望!!』をテーマにイタリア民謡『帰れソレントへ』をはじめ、 日本歌曲からモーツルトまで愛をめぐるさまざまな歌をご披露いたします。伴奏は ミラノ・スカラ座などで活躍中の村越知子さんにお願いしています。村越さんからは 各曲のアットホームな解説もしていただきます。あわせてお楽しみくださればと存じます。

新春でご多用とは存じますが、もしご都合がつくようでしたら、ぜひ、ご来聴のうえ、 ご高評くださいますようご案内申し上げます。

詳細は、添付のチラシのとおりでございますので、お手数をおかけしますが、出欠のご返事を下さいますようお願いを申し上げます。

ご出席下さる場合、
l お名前、
l チケット枚数、
l チケット送付先住所、
l 電話番号

をお知らせください。折り返しチケットと振り込み用紙をお送りいたします。
なお、まことに勝手ながらご返事は12月11日(月)までにお願いいたします。
また、お知り合いの方でご興味のある方にもぜひご紹介いただければ有難く存じます。
こちらからチラシをお送りいたします。よろしくお願いいたします。
【添付チラシ】



村嶋紀久男さんの近況(2017/10/31掲載)

コーラスミュージカル 「Cats in Kobe-いのちと地球の物語-」のご案内 親鴨会のみなさまへ

10月末は大型台風などあり、みなさんのところは大丈夫でしたか?
皆さんそれぞれの分野で元気にご活躍のことと思います。
昨年4月「雪の女王」公演にはIBM OBの30名のみなさんに来ていただきありがとうございました。
「雪の女王」に出演した東北の震災遺児の子どもたちは現在中学2年となり元気に活躍しています。
「雪の女王」公演後はアフガニスタンで活躍する中村哲医師の講演会主催、熊本・南阿蘇への2回の支援公演とやってきました。

2年ぶりに開催するコーラスミュージ カル「Cats in Kobe」公演のご案内をさせていただきます。
この公演のみどころ

私も70歳を越えましたが、毎月声楽のコーチも受け、歌と芝居の主演の舞台をがんばって続けています。
今回はオリジナル曲「いのちと地球の物語」「あなたへ」(村嶋由紀子作詩)を作曲したり、シューベルト「セレナーデ」、リスト「愛の夢」をソロで歌い活躍します。
東北の震災遺児のケアから、現在は福島や関東から子どもの命と健康を守るため関西に避難してきた親子を支援し、一緒に舞台にのせるため訓練をしています。
こちらの団員の子どもとあわせ、小学生10人の子役、中高生も出演し、それだけでも顔と心がほっこりします。
内容はロンドンでも劇団四季でもない村嶋由紀子原作・脚本の超オリジナル作品「CATS」で、平和のこと、避難者やいじめのことなど現代の問題を鋭く、しか し猫が演じることで笑いの多いユーモアたっぷりの作品になっています。

20数年間私たちが創り上げてきたソロ、芝居、ダンスのミュージカルに合唱が入る総合芸術舞台「コーラスミュージカル」手法でお届けします。

公演 コーラスミュージカル
   「Cats in Kobe-いのちと地球の物語-」
   (原作・脚本 村嶋由紀子)
★日時 2018年1月14日(日)
     開場 14:30  開演15:00
★会場 芦屋市民センター「ルナホール」
    (JR芦屋、阪急芦屋川、阪神芦屋から徒歩7分)
★チケット 前売り 一般 2500円
     学生 1500円 こども 500円
★申し込み方法
 お名前、住所、チケット枚数を
 このメール( terra@kcc.zaq.ne.jp )でお申し込みください。
 チケットと郵便振替用紙/銀行振込先を同封して送付いたします。
 11月にはいり、あと2か月あまりとなりました。
 過去、芸文センター、ルナホールでの公演は1か月前に完売となりましたのでお早めに申込みください。

よろしく応援のほどお願いします。

最後になりましたが、皆さんの健康とご多幸を祈念します。

************************
私の好きなこの街復興支援プロジェクト
代表     檀 美知生(村嶋紀久男)
ディレクター 村嶋由紀子
〒659-0062 芦屋市宮塚町12-19
TEL/FAX 0797(22)9438 
メール  terra@kcc.zaq.ne.jp
ホームページ  http://danmuraproj.com
************************

OSA(大阪事業所)が2018年1月に中之島フェスティバルタワー・ウエストに移転(2017/10/10掲載)

1974年竣工から43年間大阪の拠点だったOSAが移転します。  移転先
  中之島フェステバルタワー・ウエスト
  (フェスティバルホールの向かいのビル)
  11F 12F 13F と7Fの一部フロワー

社員がより働きやすい環境づくりの一環として、2018年から大阪事業所を「中ノ島フェスティバル・タワー・ウェスト」へ移転します。新事業所では、“Agile”をコンセプトとした新しいオフィス・レイアウトを本格的に導入し、より快適な業務環境を、さらにはお客様向けや採用活動でのイメージ向上も実現していきます。
現在の大阪事業所は竣工から既に43年が経過しており、BCPの観点からもより安全なビルへと移転することを決定しました。また大阪のビジネスの中心地に移動することにより、IBMのブランドイメージ向上と更なるビジネスの拡大をサポートします。同タ ワーは2017年春にオープンした41階建ての高層ビルで、7階および11〜13階を大阪事業所として使用いたします。

<新しい大阪事業所の概要>

・所在地:   大阪市北区中之島2丁目3-18
・ビル:   中之島フェスティバルタワー・ウエスト
・アクセス: 京阪中之島線「渡辺橋」駅、
       地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅に直結
        JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分
・開設予定日:  2018年1月

IBM Watsonに関してのインタビュー記事(2017/09/15掲載)

誰もが恩恵を受けられる世界を目指す Watsonが拓くAI ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【インタビュー】 誰もが恩恵を受けられる世界を目指す Watsonが拓くAI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスにおけるAI活用が大きな話題であるが、企業、病院、大学など、国内で幅広い業界の約200社の先駆企業が既にWatsonを導入している。

IBM Watsonの価値は、専門家の知見と業界の知識を学習できること、また、学習し続けることで進化し続ける。専門家の知見や知識を活用してよりよい世界をつくることを目指している。

日本市場のAIビジネスの現状や、AIを活用するうえでのポイントについて、わかりやすく解説する。
<インタビュー:日本IBM 執行役員 Watson事業部長 吉崎 敏文 氏>

続きはこちらから⇒ http://h.nikkeibp.co.jp/h.jsp?no=335391

友國健司さんの近況(2017/09/02掲載)

神戸開港150年記念
KSC男性合唱団第6回演奏会のご案内
親鴨会会員の皆様、関西支部長の友國健司です。
来る10月21日(土)14時より、神戸文化ホールにてKSC男声合唱団の第6回演奏会が開催されます。
この合唱団は神戸市シルバーカレッジの卒業生と在校生によって結成された合唱団で、今年で17年目になります。
この合唱団には、私も副指揮者として参加しており、今回の演奏会でも3曲指揮します。
この演奏会は神戸開港150年記念の行事として開催され、
「旅 男のロマン」をテーマに3ステージ構成になっています。
添付のパンフレットをご覧の上、合唱好きの皆様、是非お越しいたたきますようご案内いたします。
入場は無料ですが、入場整理券が必要ですので、ご希望の方は 友國までメールでご連絡下さい。

連絡先 : (kenji@tomokuni.net)



村嶋紀久男さんの近況(2017/06/23掲載)

テラホール20周年記念「いのちと地球(テラ)のコンサート」のご案内 親鴨会会員の皆様 村嶋紀久男です。

親鴨会の皆さんには、いつも私たちの音楽活動へのご声援ありがとうございます。

さて本日は、テラホール20周年記念「いのちと地球(テラ)のコンサート」案内をさせて頂きます!!

「TERRA(地球という意味)ホール」と名付けた、我が家1階の音楽ホールが、今年夏に設立20周年を迎えることになりました。

あの阪神淡路大震災時に、私たち主催の合唱団の練習場確保が困難になり、大借金の一大決心をして 2年後の1997年にこのホール完成を実現させました。

ここから、力強く大震災の復興を呼びかける数々のコーラスミュージカル公演を発信し続けました。
また6年前からはここを拠点に、東北支援、熊本震災のする災害でサポート活動を展開することができました。
さらには関西親鴨会合唱団や歌声の集いなども、このホールを役立てることができました。

この20年間、どれほどたくさんの励ましの歌声と笑顔を生み出すことができたかを思いますと、深い感慨を覚えます。
その日々と応援の皆様に感謝の心を持って、下記の「記念コンサート」を企画しました。 本格的なコーラスミュージカル公演は来年1月に公演予定ですが、楽しさ一杯・アットホームなこのコンサートにもどうか足をお運びくださるよう、ご案内申し上げます。


   記
1.日時  2017年7月30日(日) 
        開場 13時半 開演14時
2.会場  芦屋市民センター音楽室
      (テラホールではありませんのでご注意ください) 
       JR芦屋、阪急芦屋川、阪神芦屋から徒歩約5分
       (ルナホールとなり)
3.参加費 ご祝儀やプレゼントは辞退しますので、
      参加費1000円をお願いします
4.プログラム
   ・檀美知生(村嶋紀久男)独唱
   ほうすけのひよこ(詞 谷川俊太郎 曲 林光)
   日本昔ばなしのような1人オペラ
   ・早川奈穂子 ピアノ独奏
      ショパンバラード1番
       戦場のピアニストやスケートの羽生君、
       真央ちゃんの使用曲で有名です
   ・奇跡の街合唱団 合唱とミニミュージカル
      来年1月14日公演予定の
      「CATS IN KOBE-いのちと地球の物語-」
      メーキングドラマ
5.申込み
   チケットは発行しませんが、お世話になった方限定
   約100人なので メールまたはホームページから
   村嶋まで申込みお願いします。

************************
私の好きなこの街復興支援プロジェクト
代表      檀 美知生(村嶋紀久男)
ディレクター  村嶋由紀子
〒659-0062   芦屋市宮塚町12-19
TEL / FA X 0797(22)9438 メール   terra@kcc.zaq.ne.jp
ホームページ   http://danmuraproj.com
************************

村嶋紀久男さんの近況(2017/01/11掲載)

熊本の被災地でミュージカルを上演  親鴨会関西支部の会員で、合唱団TERRAで活躍されている
村嶋紀久男さんが、熊本・阿蘇の被災地のみなさんを励ます
ために、新年早々の1月6日~9日にわたり、29名の仲間の
みなさんと熊本・阿蘇支援コンサートを南阿蘇村などで上演されました。
その様子が、TBSニュースで放映されましたのでご覧ください。
こちら http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2956398.htm

松井秀雄さんの近況(2016/12/10掲載)

写真展のご案内  親鴨会関西支部の会員で、二科展写真部の会友として活躍されている松井秀雄さんが、 年明けから大阪本町にある富士フィルムフォトサロンで4回目となる個展を開かれます。 どの写真も感動して頂ける素晴らしいものばかりですので、ぜひ、ご高覧頂きたく お知らせします。

日  時 2016年1月4日(水)~12日(木)  10時~19時
           (最終日は14時まで)
場  所 富士フイルムフォトサロン大阪 TEL 06-6205-8000
     大阪市中央区本町2-5-7 メットライフ本町スクエア
     (旧 大阪丸紅ビル) 1F
     地下鉄御堂筋線「本町」駅下車 3番出口から
     本町通りに沿って 東へ約5分
     地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 17番出口から
     本町通りに沿って 西へ約3分
入場料 無料

松井秀雄さんからのメッセージはこちら

>室 正美さんの近況(2016/07/26掲載)

7月24日カントリーライブを開催 カントリー音楽の演奏で活躍中の室さんが、ライブを初めて7年目となる今年も開催されました。
超満員の観客で、夙川のライブハウスの「フォートワース」は夏の暑さに負けないくらい熱気が溢れ、 室さんの美声をはじめ、岡山から参加されたカントリー音楽で大活躍中のオリーブさんとの
コーラスや「フォートワース」のオーナーの福原照晃さん、 親鴨会関西支部の総会で演奏して頂いたこともあるドン山口さんらの出演もあり、最後に、みんなで「You are my Best friend」を唄って大いに盛り上がりました。 また、室さんご夫婦手作りのキャラメル頂いたり、ジャンケン大会もあり勝者には手作りカレーが配られるなど、にぎやかで楽しいライブとなりました。



村嶋紀久男さんの近況(2016/06/05掲載)

中村哲医師と村嶋紀久男共演『平和と復興の祈りの歌と講演』 アフガニスタンで活躍する中村哲医師を、同じ芦屋ルナホールに招いて、「8月講演会」を開催いたします。

中村氏は、ご存じの方も多いと思いますが、ハンセン病など貧困病と立ち向かうため、医師として32年前アフガニスタンに赴きました。そこで、「医療行為よりまずは清潔な水が必要」と井戸を1600本作り、難民となった人々を農業のできる故郷に帰すために、「緑の大地計画」として用水路、灌漑事業をし、65万人が生活できるようにしました。
あの危険な戦乱のアフガニスタン、パキスタンで人々に守られているのは、日本がこの70年間、海外で戦争をせず、誰も殺さなかったことを知っているからだと身を持って発信されています。
私と中村哲氏は福岡高校の同期生で、以前より「ペシャワール会」という彼の事業を応援しています。

私たちとは分野もスケールも違いますが、「道で倒れている人がいたら手を差し伸べる、それは普通のことです」との中村氏の言葉に、私たちの音楽での復興支援活動の原点を見る思いです。 今回の取り組みは「中村哲医師講演」がメインですが、長野県にある戦没画学生の慰霊美術館「無言館」をテーマに、私のテノール独唱と合唱での組曲(村嶋由紀子作詩)を歌わせていただきます。 またあの避難者親子たちも今回もステージに乗って歌いますので、是非みなさんご家族でお越しください。 つきましては「お名前、住所、チケットの枚数」をお知らせください。 今回も完売前に早目にお申込みくだされば、大変嬉しいです。

公演名 平和と復興の祈りの歌と講演
第一部 平和と復興の祈りの歌声
   テノール独唱と合唱・ピアノのための組曲「無言館」
   東北復興支援 大人とこどもの歌声
第二部 中村哲医師講演会
   「アフガニスタンに生命の水を、国際協力の32年」
日時  8月21日(日)開場 13時15分 開演 14時
   (開場~開演に中村哲医師の現地活動DVDを上映します)
会場  芦屋ルナホール(兵庫県芦屋市 JR芦屋、阪急芦屋川、阪神芦屋から徒歩5-8分)
チケット 一般 1500円 学生・こども・避難者 300円
主催 私の好きなこの街復興支援プロジェクト(代表 檀 美知生)
後援  兵庫県・兵庫県国際交流協会・芦屋市・芦屋市教育委員会・(公財)神戸市民文化振興財団
★申し込み方法
 「お名前」「チケット送付先住所」「申し込み枚数」を添えていずれかの方法でお申し込みください。 
 チケットと郵便振替用紙を同封して送付いたします。
1)村嶋 宛てメール terra@kcc.zaq.ne.jp
2)ホー ムページの問合せコー ナーから
  http://danmuraproj.com/contact.html
​3) 電話、Fax  0797(22)9438   村嶋紀久男(檀 美知生)
ここをクリックここをクリック

渡士幸一さんの近況(2016/06/04掲載)

渡士あかねメゾソプラノ・リサイタルのご案内 渡司幸一さんから送られてきた文章をそのまま掲載します。
『娘のあかねが、このほど3年ぶりにメゾソプラノ・リサイタルを2016年8月28日(日)午後3時(午後2時30分開場)から前回と同じ京都・桂の青山音楽記念館で行うことになりました。 詳細は、添付のチラシや青山音楽記念館のホームページ(http://barocksaal.com/concert_schedule/concert20160828.html)にご案内の通りですが、 もし、お時間がありましたら、ぜひ、ご来場いただきたくご案内申し上げます。勝手ながら、できれば6月30日までに、下記要領でご返信(koichi.toshi@gmail.com宛)下されば折り返しチケットと振込用紙をお送りいたします。
l 氏名:
l 郵便番号 /住所:
l 電話番号:
l メールアドレス:
l チケット枚数(ペアで来て下さる場合、2枚で4,000円にいたします)』
【添付チラシ】
ここをクリック


親鴨会から写真展のご案内(2016/01/16掲載)

「写団 松井塾」写真展のご案内 親鴨会関西支部会員十数人の写真愛好家達で作る「写団 松井塾」が「世界に見て欲しい兵庫県」と題する写真展を実施します。
これは、公益財団法人 兵庫県国際交流協会から依頼を受けて行うものです。
「写団 松井塾」のメンバーが撮り貯めた作品群の中から主に兵庫県の奇跡のような景色や魅力的な行事の写真を展示しますので、お近くへ来られる機会がありましたらご高覧いただき、塾メンバーと歓談頂ければ幸いです。
また、趣味でカメラ撮影もやっておられる方やこれからやってみようと思われる方の松井塾への入塾も歓迎します。
定期的に撮影会や講評会などを開いて写真撮影の楽しさを満喫しています。(連絡先:西野信夫 nnishino2009@yahoo.co.jp)

開催期間:2016年1月26日(火)~2月19日(金) 
   10:30~18:30 (土、日、祝日は休館)
開催場所:HAT神戸 ひょうご国際プラザ

地図は下記のURLからご覧ください。
http://www.hyogo-ip.or.jp/about/address/

兵庫県作成の案内ポスターはこちらから

松井秀雄さんの近況(2016/01/07掲載)

松井秀雄さん写真集を出版 親鴨会関西支部会員で写真家として活躍されている松井秀雄さんが今回出版されました3冊目の写真集の紹介が株式会社風景写真出版のホームページに紹介されていますのでお知らせします。
下記のURLから閲覧可能です。トップページ上部の回るフラッシュと、右サイドのバナーに写真集の詳細ページに入ることができます。
http://www.fukei-shashin.co.jp

また、次のURLでも紹介されております。
http://fukeinews.exblog.jp/25150304/

また、昨年12月19日に発売された『風景写真』2016年1-2月号の68~71ページにも松井さん関連の記事が載せられています。

松井秀雄さんの近況(2015/09/07掲載)

松井秀雄さん二科展(写真部門)に出展 二科展の会友をされております松井秀雄さんの写真が、今年の二科展にも「若さ弾ける」と題した作品を出展されました。
昨年~6年前までの出展作品は次のURLでご覧いただけます。
http://www.nika-shashin.or.jp/gallery/detail.php?id=009424
また、日本IBM OB 大西瞳さんの「鎮守の森の秋祭り」が初入選され展示されていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。 
現在、六本木の国立新美術館で二科展が開催されており、最終日は9月14日(月)です。
大阪、京都での巡回展示は、次の要領で実施されますので、ご案内致します。
会場:大阪市立美術館(天王寺) 期間:2015年10月27日~11月8日
   京都市美術館(平安神宮前)期間: 2015年11月24日~12月6日

村嶋紀久男さんの近況(2015/06/19掲載)

村嶋さん夫妻のコンサート活動 阪神大震災や東日本大震災で被災された人たちを励ますためにで関西に避難してきた人たちと来年4月に子供たちを放射能汚染から守りたいという願いを込めてミュージカルを上演されます。 出演者も募集されていますので関心のある方は村嶋さんまで連絡してください。連絡先など詳しいことはこちらの新聞記事で。

大平公雄さんの近況(2015/03/30掲載)

千里バッハ合唱団・オーケストラ演奏会のご案内 関西支部会員の大平公雄さんが5月21日(日)に吹田メイシアター大ホールで開催されます千里バッハ合唱団・オーケストラ演奏会に合唱団の一員として出演されます。多くのみなさんの応援来場をお願いいたします。
前売り券の購入は、下記のアドレスで大平さん宛に連絡してください。
eメール:kimio-ohhira@k3.dion.ne.jp
お名前・住所・電話番号・希望チケット枚数を記入して、申し込みしてください。お一人3枚以内で、申込み締切りは4月末までとさせていただきます。 先着20名まで。
詳細はこちら(http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5173/)

宮田敏幸さんの近況(2015/03/17掲載)

写真コンテストで最優秀賞 ・ 国土交通大臣賞を受賞 宮田敏幸さん談
「マンション大規模修繕工事 MKSフォトコンテスト2014」にて最優秀賞・国土交通大臣賞を受賞しました。 参加人数が少なかったこともあり、首題の評価になりました。このコンテストは当該マンション居住者または工事関係者しか参加資格がありません。 昨年9月から今年2月まで小生のマンションの大規模修理を行っておりました。その間職人さんに張り付き、職人さんの仕事の勉強をしながら撮影をさせていただきました。 気に入った写真はすでに職人さんへプレゼントしました。そのうちの1枚が賞に入りました。 => http://www.mks-as.net/topics_detail10/id=874

宮田敏幸さんの近況(2015/03/07掲載)

宮田敏幸さん写真展のご案内 退職後の生き甲斐を求めて、「写真で人を喜ばせ幸せにする」をテーマに写真の勉強をされ、昨年にひき続き今年も、東京、大阪、福岡で写真展を開催されます。機会があればぜひご観覧ください。
詳しくはこちらから【添付資料はここをクリック】

松井秀雄さんの近況(2015/02/26掲載)

松井秀雄さんがシステム監査人協会で研究発表をされました 1月16日に、大阪大学中之島センターで開催されましたシステム監査人協会近畿支部の研究発表会で発表され、 聴講者から非常にわかりやすく参考になったと好評を博されました。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.saajk.org/

松井秀雄さんの近況(2015/01/27掲載)

松井秀雄さんの論文が掲載されました システム監査人協会の Web版会報 2015年2月号に松井秀雄さんが書かれたた論文が掲載されました。
システム監査や IT-BCP に関心がおありの方には参考にして頂けるかも知れませんので、お知らせいたします。
URL は次のとおりです。

http://skansanin.com/saaj/201502/201502SAAJKaihoNr167_ronbun.pdf

村嶋紀久男さんの近況(2014/11/03掲載)

村嶋紀久男さん第7回リサイタルのご案内 合唱団TERRAを結成され、声楽家、合唱指揮者として音楽を通して社会貢献に尽力されて います村嶋さんが、この度、昨年に続いて7回目のリサイタルを開催されます。
村嶋さんから案内詳細を頂きましたのでお知らせします。
多くのみなさんの応援来場を何卒よろしくお願いします。

案内詳細はこちらから 
パンフレットはこちら 

室 正美さんの近況(2014/10/03掲載)

室 正美さんカウントリーライブのご案内 親鴨会関西支部会員の室 正美さんが、カウントリ―音楽を通じてボランティア活動やラジオ番組にも出演されるなどライブ活動をしておられますが、この度、10回目となる カウントリ―ライブを開催されます。
毎回、友人、知人たちで満員の盛況となりますが、今回は節目の10回目となりますし、 多くの親鴨会の方に来ていただきたいとの思いで、2回(11月3日 & 24日)開催されます。
いつも楽しいライブとなっていますので、是非とも11月24日(昼間)に多くのみなさんの応援をよろしくお願いします。
詳細案内はこちらから
室 正美さんの近況(2014/09/18掲載)

室 正美さんのギターを抱えてのボランティア活動 2007年2月から、7年半にわたって、デイ・サービス施設を慰問されてボランティア活動をされています。
ギターを抱えて得意のカウントリーを唄ったり、みなさんと一緒に唱歌や童謡を唄ったりと大変喜ばれています。
いつまでもお元気で活躍されますよう願っています。
室さんからの近況報告はこちら
利谷久男さんの近況(2014/08/02掲載)

利谷久男さんの能面出品と  平成二十六年能面展のご案内 暑中御見舞い申しあげます。猛暑です、皆様、如何お過ごしでしょうか?。 小生今年も能面を2面なんとか打つことが出来ました。今年の能面展を下記ご案内申し上げます。

  日本能面美術協会 第四十三回新作能面展
  1.期間
   平成26年9月9日(火)~ 9月14日(日)
   9時~17時(最終日16時まで)
       入館は終了30分前までにお願いいたします。
  2.場所・交通
    ・京都市美術館 別館1階
    ・平安神宮の赤い大鳥居をくぐり2条通りを左折し、
     改築中の京都会館右奥です。
    ・交通・地図
      *添付:H26能面展案内・地図 参照ください。
  3.入場 無料
  4.主催 日本能面美術協会
  5.後援  京都市
    京都新聞社、NHK京都放送局
  6.添付
    
・H26能面展案内
    
・地図
日本能面美術協会・理事 利谷 玄久
  e-Mail:wtbru6u6@sky.plala.or.jp

追記: 今年は能面「橋姫」と狂言面「福の神」の二面を出品しています。
能面「橋姫」
橋姫は伝説、文芸、芸能に多々出てきます。状況、設定は種々異なりますが、 共通テーマは激しい嫉妬です。
能「鉄輪」(かなわ)では庶民の住む下京辺りに女あり。夫が自分を棄て他の女に走ります。 激しい嫉妬から貴船神社の丑の刻参りで生きながら鬼(生霊)となり復讐します。 その姿は身体に朱丹を塗り頭に三脚に火を灯けた鉄輪(五徳)を載せ口には松明を咥え、 両端に火を灯す異形です。
屋代本「平家物語」剣の巻(NET中に原文あり)ではある公卿の娘がと高貴な女で出てきます。 やはり嫉妬心により貴船神社の宣託により宇治川に三七(21)日浸り生きながら鬼となります。 その姿形は能「鉄輪」と同じ異形です。
出展面は嫉妬心の激しさ厭らしさがやや弱く高貴さ故に鬼になり切れないのでしょうか?
現在の宇治橋西詰少し上流に小さな橋姫神社があり、宇治橋の守護神となっています。 しかし橋上で嫉妬心を起こさせる行為は禁止らしい、男女が手を繋いで渡るなどもっての外、 美男が橋中程のでっぱりから宇治川を覗けば水中に引き込まれます、私も覗いてみましたが、 何事も起きませんでした、美男に限るらしい。

狂言面「福の神」
旧暦大晦日に「福は内」と豆まきをすると、笑いながら「福の神」が現れ富貴になる方法を教えてくれます。 しかしそこは狂言とぼけた方法です。
     以上、拙い説明で失礼致しました、  玄久

佐藤和夫さんの近況(2014/08/02掲載)

佐藤和夫さんが水彩画に取組み、各地に旅行した記録を水彩画に託して、展示会を行っています。 皆様、
水彩画、動画、ブログ、ホームページの合計ですが、日本インターネット利用者の200名に一人はご訪問いただいた勘定になります。
内訳は
・佐藤和夫の水彩画ギャラリ 199,154名
https://picasaweb.google.com/112950892603164706188/pIohX?noredirect=1#
・uritobooの旅日記動画 179,189名
https://www.youtube.com/user/uritoboo/videos?sort=dd&view=0&flow=grid
・uritobooの日本全国散策旅日記 80,044名
http://uritoboo.blog.fc2.com/
・佐藤和夫(ソフトウェア工学、水彩画)のホームページ 41,860名
http://www.k4.dion.ne.jp/~skazuo/boo/index.html

ご利用、ありがとうございました。

村嶋紀久男さんの近況(2014/07/27掲載)

村嶋紀久男さん22回目の陸前高田での活動報告 7月20日(日)、「東北と関西シングロードフェティバル」と銘打って 陸前高田でコーラスミュージカルを公演され、また、大船渡の老人福祉施設も 慰問されて、ミニコンサートを開かれるなど多くの方に感動と勇気を与えられ 大成功のうちに終えられました。
今年の関西支部総会での村嶋さんの呼びかけで、天羽さん、皆川さん、井阪雅彦夫妻、 鳥飼夫妻の6名がサポーターとして参加され、会場設営や写真撮影などの サポートをされました。
【詳細はこちら】
【現地の方のアンケート結果はこちら】

室 正美さんの近況(2014/02/27掲載)


室さんラジオ関西の番組に出演されました。 2月24日ラジオ関西の「Country Music Travel」という番組に出演され、2曲歌われました。 同じ内容の放送が、FMみきで3月1日(土)の22時から放送されます。
インターネットでも聴けますので、カントリーミュージックに興味のある方はお聴きください。
【聴取方法はこちら】

尾崎 恭さんの近況(2013/12/23掲載)


尾崎ブラザーズ カウントリーライブのご案内 尾崎ブラーズとして、カウントリーバンドを結成されて、ラジオや各地のイベントで 出演されている尾崎 恭(やすし)さんが、今年、本場アメリカの国際ブルーグラス 音楽協会(IBMA)から2013年度特別功労賞を受賞されたのを記念して、関西でも ライブを開催されることになりました。
昨年3月にも多くの方に参加頂いて、西宮市夙川のライブハウスでライブを開催 されましたが、今回も楽しいライブになることと思います。ぜひ多くのみなさんの 応援をよろしくお願いします。
ライブの案内は、「こちらから」


松井秀雄さんの近況(2013/12/16掲載)


「第9回 美しい風景写真100人展に出展」されています。 観る人に感動を与える写真を撮り続けておられる松井秀雄さんが、 風景写真展に出品され展示されることになりました。
2014年1月24日(金)~1月30日(木)の期間に、富士フイルムフォト サロン大阪で写真展が開催されます。
お近くに寄られる機会がありましたら、ぜひ観覧いただき”感動”を もらってください。
富士フォトサロン大阪http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/
松井秀雄さんからのメッセージは、「こちら」


金田 治さんの近況(2013/11/11掲載)


「金田 治さんから「第4回医療と産業の国際交流シンポジウムin関西」のご案内」 現在、「医療国際化推進機構」でボランティア活動をされている金田 治さんから 第4回シンポジウムのご案内がありました。 金田さんからの案内詳細「第4回医療と産業の国際交流シンポジウムin関西」はこちら


村嶋紀久男さんの近況(2013/10/31掲載)


「檀美知生第6回テノールソロコンサート」のご案内」 村嶋紀久男(檀美知生)さんは、東日本大震災以来、何度も陸前高田を 訪問され、両親を亡くした子供たちを励まそうと様々なボランティア活動を されてこられましたが、この度、子供たちを招いて一緒にコンサートを 開催されることになりました。 村嶋さんからコンサートのご案内がありますのでお知らせします。 多くのみなさんの応援来場をよろしくお願いしたします。
村嶋さんからのメッセージ「親鴨会のみなさんへ」はこちら


西田義雄の近況(2013/10/31掲載)


「西田義雄さんNHK短歌に入選されました。」 「久しぶりにNHK短歌に入選しました。3度目の入選です。 NHK Eテレビにて、11/3(日)6:00から放映、再放送は11/5(火)15:00 です。 都合がつけばご覧ください。
私も短歌を始めてほぼ10年。何度ももう止めようかと思いながら続けてきました。 いまなお先生からはあちこち直され、注意される日々ですが、短歌の面白さもわかってきました。 これからも短歌を作るのと、小説を書くのは(こちらは今休憩中ですが)続けていきたいと思っています。」


松井秀雄さんの近況(2013/10/31掲載)


「二科展に出展されています。」 二科展の写真部の会友として活躍されている松井秀雄さんが、現在、大阪市立美術館で 開催されている第98回二科展に広河原の松上げの迫力ある写真を出展されています。 天王寺界隈へお出かけの折がありましたらご観覧ください。
開催日 ~11月10日(日) 11月5日は休館 9時30分~17時(最終日は16時半)


利谷さんの近況(2013/10/28掲載)


「平成25年能面展を鑑賞された渡士幸一さんから、利谷さんの近況報告です。」 10月22日から27日まで京都市美術館 別館1階開催されていた第42回能面展に 渡士幸一さんが鑑賞に行かれた渡士幸一さんからの報告です。

「先日、親鴨会関西支部からご紹介戴いた利谷さんの能面作品展を拝見しました。 利谷さんの力作の写真を送って下さいましたので、お送りします。 当日、律儀にも利谷さんも会場に詰めて下さり、いろいろと解説を していただきました。この2作品を完成されるのに1年掛かりとのことです。 普段、雑駁な生活を送っている小生にとりましては、はるかな幽玄の世界へ いざなわれた思いで、心の洗われるような心地がしました。 この能面には、作者の心情がそのまま溢れている、ある意味恐ろしい芸術とも 思いました。 人それぞれに豊かな人生を味わっておられるお姿に接し、己の生きざまを 考えさせられる1日でありました。」
「利谷さんの出展作品はこちら (『今若』、『中将』)」


佐藤和夫さんの近況(2013/9/16掲載)


「第6回軽井澤絵画倶楽部作品展に出展」 親鴨会関西支部の皆様へ

思い起こせば丁度第1回から、水彩画を習い始めましたが、月日のたつのは早いもので もう第6回になりました。 2013年10月12日(土)~10月20日(日)まで、軽井沢ギャラリー藏です。 今回出展する作品を含め詳細は、次のブログをご覧いただければ幸いです。
  http://skazuo.blog133.fc2.com/

佐藤和夫   技術士(情報工学部門)Satoh, Kazuo
My HP: http://www.k4.dion.ne.jp/~skazuo/boo/


利谷さんの近況(2013/9/16掲載)


「利谷久男さん能面展に出展」 関西支部会員で日本能面美術協会の理事を務めておられています利谷久男さんが、 10月22日(火)~ 10月27日(日)京都で開催される能面展に出展されます。 秋の京都を散策の折にでもお出かけください。 詳細はこちら


村嶋さんの近況(2013/1/22掲載)


「「檀 美知生テノールソロ リサイタル」の模様が毎日新聞に掲載」 18年前の阪神大震災が発生した同じ日にコンサートが満員の聴衆 の中で開催されましたが、その模様が毎日新聞の1月18日の夕刊、 1月19日の朝刊に掲載されました。 記事内容はこちらから
「檀 美知生テノールソロ リサイタル」のご案内 親鴨会関西支部会員各位 親鴨会関西支部会員の村嶋紀久男さんは、奥様の由紀子さんとお二人で、東日本大震災で両親を亡くした子供たちと地元の陸前高田市で ミュージカルを開催されなど被災地の皆さんを励まそうとボランティア活動をされてきましたが、来年1月17日の阪神大震災の18周年祈念日 に、これまで10回訪問しされた陸前高田、大船渡での復興支援の報告コンサートとして、5回目の「檀 美知生テノール ソロ リサイタル」 を開催されます。
村嶋さんご夫婦のこれからの活動を応援するためにもぜひ多くのみなさんのご来場をお願いいたします。 村嶋さんからのメッセージ「親鴨会のみなさんへ」


先頭へ

copyright©2012 親鴨会関西支部 all rights reserved.