工作教室事例

最近の工作教室の風景です。親子で参加できる工作教室や、大人向けの教室もあります。

ws_sce01 生活工房

何種類かの木の材料を使い、自由に工作

ws_sce02 生活工房

電動糸鋸ミシンを使っての加工風景

ws_sce03 伊勢丹

木のロボット工作の説明(講師:中井秀樹)

ws_sce04 伊勢丹

木工用接着剤とドライバーで組み立てます

ws_sce05 TBSハウジング

野外で好きなものを作りました

ws_sce06 さえずり館

機構おもちゃを作りました(大人のワークショップ)

 

工作教室指導のご案内

工作の指導をお受けするとき、よく質問される事柄を記述してみました。これ以外のご質問は、メールまたは電話にてお問い合わせください。

どのような工作をするんですか?
●こちらで用意しているメニューの中からチョイスする。
●こちらのメニューを参考にリ・デザインした物を教材にする。
●希望の工作アイテムがあればそれをデザインして教材にする。
(例:季節に合わせた物をデザインして教材にする)
道具は使うのですか?
●対象年齢と、工作時間および工作アイテムによってどのような道具を使うかを決めます。
●刃物を使わずに木工用接着剤だけで工作をすることもあります。 手道具(のこぎり、かなづち、ドライバー)、または糸鋸ミシンやドリルなど電動工具を使うときもありますが、いずれも工作する物、時間、場所などの条件によって決めていきます。
1回の工作時間はどのくらいを要しますか?
●工作時間と人数を決めてあらかじめ予約するスタイルの場合は最高で2時間です。
●年少のお子さんが親子で参加する場合は1時間くらいがちょうど良い工作時間と考えます。
●多人数の方が次々と作っていくスタイルの場合は、一人30分くらいで出来る教材を用意して進めていきます。
指導する人は何人いりますか?
●通常、作る物にもよりますが、講師一人で15名から20名くらいのお子さんを指導します。電動工具を使ったり、少し複雑な工作の時はそのときの工作人数に合わせてアシスタントスタッフが必要になります。
●多人数の方が次々に工作をする場合には、やはりそれに見合ったアシスタント数が必要です。
工作指導の費用はどのくらいかかりますか?
●工作指導料、教材費(単価×人数分_全買い取り)、旅費交通費がかかります。工作条件をお伺いしてからご見積させていただきます。

工作教室指導等のご依頼はこちらから

 

 

作品例

工作教室での作品例です

ws_wk01 ペットの貯金箱

500mlペットボトルと木で作る動物型貯金箱

ws_wk02 木のロボット

完成するといろいろ役に立つ道具に変身

ws_wk03 お化けをつくろう

年少の子に最適、布のお化け

ws_wk04 ダンシングドール

指で回転させるとユーモラスに踊る人形

ws_wk05 経木工作

経木で好きな形のうちわを作ります

ws_wk06 機構おもちゃ

簡単な機構を使った動くおもちゃ

ws_wk07 糸ノコミシンを使う

動物の好物でつり上げるゲーム

ws_wk08 自由工作

加工性のよい木を使い好きなものを作る

ws_wk09 自由工作

自由工作での大人顔負けの子どもの作品