2017年度 強震動委員会議事録


第105回強震動委員会議事録

日時:2017年5月24日(水) 12:30~13:30
場所:幕張メッセ国際会議場 202
出席者(敬称略):竹中(委員長),青井,浅野,岩田,植竹,大堀,香川,司,芝,高井,長,津野,中原,畑山,久田,堀川,干場,松崎,松島,宮腰,横井(以上委員)

資料
105-0第105回強震動委員会議事次第,第104回強震動委員会議事録
105-1 調査班A報告
105-2 B班資料
105-3 資料(C班)
105-4 シリーズ「新・強震動地震学講座」 2017/05/19時点

議題:

1.各調査班からの報告等
■調査班A
 資料105-1により,浅野班長から,当委員会からの提案により今回のJpGU-AGU Joint Meeting 2017で設けられた特別セッション「震源近傍強震動の成因解明と強震動予測への展開」(コンビーナ:浅野班長,香川委員,司委員,堀川委員)の開催概要が報告された.加えて,今年の日本地震学会秋季大会(10月25日~27,鹿児島市)には,近年同様特別セッションの提案は行わなかったことが報告された.
 浅野班長から,近年の日本地球惑星科学連合大会等においては,強震動をテーマに包含するようなセッションが複数提案され,強震動研究関係の発表が分散する傾向にあることに注意すると,当委員会から特別セッションを提案することが強震動研究の推進に寄与するかどうか要検討である旨の意見が委員からあったことが紹介され,当委員会からの特別セッションの提案のあり方(提案することの適否,提案するにしてもテーマをより幅広くすること等)に関する意見を委員から広く受けたいとの呼びかけがあった.

■調査班B
 資料105-2により,津野班長から,強震動講習会について過去5年分の開催概要が紹介され,今年度も強震動講習会を開催すること並びに講習会開催のために必要となる作業及びそのタイムスケジュールの目安が示され,了承された.講習会開催時期は,AGU Fall Meeting(12月11日~15日)の前,場所は例年同様東京工業大学田町キャンパスを考えているとのこと.講習の形式・内容については,座学のみとするか実習をまじえるかを含め今後B班において検討することとなった.講習の形式・内容については,委員からも広く意見を受けたいとの呼びかけが津野班長からあった.

■調査班C
 資料105-3により,長班長から,昨年度第4回委員会(2月20日)の後に,委員会と同じく東京大学地震研究所において第30回研究会を開催したこと及びその開催報告(植竹委員執筆)が学会ニュースレター5月号に「シンポジウム報告」として掲載されたことが報告された.また,第31回研究会を今年10月に鹿児島市で開催される日本地震学会秋季大会前日の10月24日の夕方に開催する方針及び鹿児島大学名誉教授・小林哲夫氏に火山噴火・噴火に伴う地震に関する講演を依頼する案が示され,了承された.加えて,第32回研究会を例年1月下旬または2月上旬に開催している強震動委員会の終了後に開催する方針が示され,了承された.

■ニュースレター連載記事「新・強震動地震学講座」
 資料105-4により,干場幹事から,ニュースレター連載記事「新・強震動地震学基礎講座」の発行状況、現在の執筆依頼状況、今後の執筆依頼予定について報告があった.執筆者未定の項目「地盤の非線形応答」については,大堀委員が執筆することとなった.同じく執筆者未定の項目「地盤増幅の面的な推定」については,東京工業大学・松岡昌志氏に執筆を打診することとなった.
発刊された連載記事は,強震動委員会HPに掲載することとし,そのことを次回理事会で竹中委員長が報告することとなった.
 また,本ニュースレター連載記事について,委員から次の意見があった.
*ニュースレター新たに連載記事が掲載される都度,その旨メールニュースや強震動委員会HPで宣伝したほうがよい.
*連載が終了したら,記事をまとめて書籍化することを検討してはどうか.
*毎号ニュースレターには,2つ以上の記事が掲載されることが望ましい.

2.学会内外からの報告
*竹中委員長から,委員会開催日当日(5月24日)に開催される総会では,EPSに関する議題がある旨報告があった.
*2018年に日本地震工学シンポジウムが開催される.日本地震工学会からの依頼により,日本地震学会からは,岩田委員,植竹委員,関西大学教授・林能成氏が参画する.また,香川委員が日本活断層学会から委員として参画する.
*7月30日~8月4日に神戸市で開催されるIAG-IASPEI合同大会の後,8月5日の午後に同じく神戸市でESGのワークショップが開催される.
*11月24日,地盤震動シンポジウム,建築会館にて,テーマは熊本地震.
*昨年8月に台湾で開催された第5回ESG国際シンポジウムを受けて企画されたEPS誌におけるESG研究の特集号については,論文投稿期限が延長され,なお論文投稿が可能な状態ではあるが,いよいよ近日中に締め切りとなるので,投稿を検討されている場合は早めに投稿されたい.


3.その他
次回委員会は,7月下旬又は8月上旬に都内で開催することとなった.

以上

注)日本地震学会ニュースレターには,イタリック体の部分を省略して掲載しています.


第106回強震動委員会議事録

日時:2017年7月25日(火) 15:30~17:10
場所:東京大学地震研究所1号館3F事務会議室A
出席者(敬称略):竹中(委員長),浅野,植竹,香川,川崎,芝,武村,長,津田,津野,畑山,干場,松崎,三宅,宮腰,盛川(以上委員)

資料
106-0第106回強震動委員会議事次第,第105回強震動委員会議事録
106-1 調査班A報告
106-2 B班資料
106-3 強震動委員会HPのサーバ移行について
106-4 資料,別紙(C班)
106-5 シリーズ「新・強震動地震学講座」 2017/07/24時点


議題:

1.各調査班からの報告等
■調査班A
 資料106-1により,浅野班長から,当委員会からの提案により5月のJpGU-AGU Joint Meeting 2017で設けられた特別セッション「震源近傍強震動の成因解明と強震動予測への展開」(コンビーナ:浅野班長,香川委員,司委員,堀川委員)の開催結果及びその開催報告を学会ニュースレター9月号に投稿する予定であることが報告された.
 A班内では,今後の地球惑星科学連合大会等における当委員会からの特別セッションの提案のあり方について,提案を行うことの適否を含め議論が行われていることが報告され,その議論の内容が紹介された.本件に関し委員会で意見交換を行った.
 来年の地球惑星科学連合大会における当委員会からの特別セッションの提案については,今回の委員会での意見交換も踏まえつつ,引き続きA班において検討することとなった.その検討結果については,来年の地球惑星科学連合大会における特別セッションの提案の締め切りが次回委員会開催よりも前になると見込まれるので,メールにより委員会全体で諮ることとなった.

■調査班B
 資料106-2により,津野班長から,今年度の講習会は12月4日に東京工業大学田町キャンパスにおいて日本活断層学会と日本地震工学会との共催で開催すること,講習内容(講習題目及び講師),共催の手続きの進め方及び今後の準備スケジュールが示され,了承された.
 講習会のテーマについて意見交換があった.過去の講習会では,テーマを設定しないこともあったとの指摘があった.テーマについては,設定するかどうかも含めて引き続きB班において検討することとなった.テーマを設定しない場合には,講習内容がわかるように案内文をしっかりと書くべきとの意見があった.
 また,同じく資料106-2により,津野班長から,来年度以降の講習会について,GMSや久田委員が公開している波数積分法の計算プログラム以外の教材を用いた実習の可能性の可否について意見照会があった.実習教材の選択に当たっては,著作権等に関する問題が発生しないことに注意を要するとの意見があった.
 資料106-3により,芝委員から,現在強震動委員会HPを置いているASAHI-netから借り受けているサーバは使用できる容量が小さく,今後,ニュースレター連載「新・強震動地震学講座」の記事を委員会HPに掲載する等の拡充が難しくなるため,使用可能容量が大きな学会のHPが置かれているサーバに委員会HPを移行することについての提案があり,了承された.移行時期は,講習会及び研究会の実施に支障をきたさないようにすることに配慮して決めることとなった.

■調査班C
 資料106-4により,長班長から,今秋鹿児島市で開催される日本地震学会秋季大会前日の10月24日19時から天文館ビジョンホールにおいて第31回研究会を開催すること,小林哲夫先生(鹿児島大学名誉教授)に,「活火山とカルデラ火山 ―火山災害の実例と噴火予知・予測の現状―」と題する講演を依頼することについて提案があり,了承された.
 また,例年1月下旬または2月上旬に開催している強震動委員会の終了後にも研究会を開催する方針が示され,了承された.この回では,武村委員が関東大震災からの復興について講演を行うこととなった.

■ニュースレター連載記事「新・強震動地震学講座」
 資料106-5により,干場幹事から,ニュースレター連載「新・強震動地震学基礎講座」の発行状況,現在の執筆依頼状況,今後の執筆依頼予定について報告があった.執筆者未定だった「地盤増幅の面的な推定」については,東京工業大学・松岡昌志氏に執筆依頼をし,引き受けてもらったことが報告された.
 今後,ニュースレターへの「新・強震動地震学基礎講座」記事掲載予定を学会メールニュースで喧伝することとなった.

2.学会内外からの報告
*竹中委員長から,学会HPではこれまでニュースレターはHTML版とPDF版の両方を掲載してきたが,今後はPDF版のみを掲載することとなったことが報告された.ニュースレター連載「新・強震動地震学基礎講座」の記事のHPでの掲載に関してこの点留意してほしいとのこと.
*7月30日~8月4日に神戸市で開催されるIAG-IASPEI合同大会の後,8月5日の午後に同じく神戸市でESGのワークショップが開催される.

3.その他
次回委員会は,学会秋季大会期間中に大会会場において開催することとなった.

以上

注)日本地震学会ニュースレターには,イタリック体の部分を省略して掲載しています.


強震動委員会のページに戻る