「熊本地震本震の臨時観測公開データの問題について」 

日本地震学会会員各位

日本地震学会強震動委員会

 以下の論文に用いられ、公開されている熊本地震の臨時観測データについて、土木学会地震工学委員会から関係各位宛の依頼が9月27日付けで土木学会HPに掲載されています。そのことについて、上記委員会委員から日本地震学会宛てに連絡がありましたので、会員の皆様にお知らせいたします。なお、現在このデータは公開が見合わされています。

Yoshiya Hata, Hiroyuki Goto, and Masayuki Yoshimi: Preliminary analysis of strong ground motions in the heavily damaged zone in Mashiki town, Kumamoto, Japan, during the main shock of the 2016 Kumamoto earthquake (Mw7.0) observed by a dense seismic array, Seismological Research Letters, Vol.87, No.5, pp.1044-1049, 2016.

関連する情報は、以下の土木学会のホームページを参照して下さい。

http://committees.jsce.or.jp/eec2/node/108

以上