ドメーヌ・ド・ラ・ヴィエイユ・ジュリアンヌ

【蔵紹介】
フランス東南部のリヨン市から南にアヴィニヨン市までの約200Hにわたる、ローヌ河の両岸を
コート・デュ・ローヌ地方と呼びます。南北に長いので、南部と北部ではワインの性格も異なりま
すが、フランスが誇る優秀なワインをいくつか産出する地方です。
このワイナリーは、ローマ時代の遺跡が多く残るアヴィニヨンの街と、香水で有名なオランジュの
街の中間に位置しているローヌの銘醸地区シャトーヌフ・デュ・パプ村にあります。この醸造元は
18世紀初旬には既に存在していて、ワインも評価されていたそうです。さらに、ヨーロッパ全土
を襲った害虫“フィロキセラ”の難を逃れた稀少な葡萄園でもあります。ドーマン家がここを手に入
れたのは1905年。以来、この地区では常に評価されており、かつてネゴシアンという業者への
樽売りが主力であった時代に、いちはやく自分名の責任の元に醸造者元詰めの瓶売りを始めたパイ
オニア的存在でした。ご両親もまだご健在ですが、5代目としてジャンポール氏が引き継いでから
ワインの質は確実に向上しています。醸造学を学んだジャンポール氏は、父の伝統醸造の上に、
新しい醸造技術を加えてワインの質を数段アップさせました。フランスではもちろん、ヨーロッパ
各地で多くのファンを獲得し、最近ではアメリカのワイン専門店にも出荷しています。


ドーマン ラ・ピオッシュ


果実のよく熟した香りとスパイシーな
ニュアンス。バランスも素晴らしく、
赤ワイン好きにはたまらない満足度の
高い一本。しかもとってもリーズナブル!!

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン、グルナッシュ
ドーマン セカトゥール


渋みが柔らかく溶け込み、酸味も心地よく、
上品で、バランスも最高。とにかくナチュラル
で優しく、柔らかい赤。さすが真の自然派です。

【品種】グルナッシュ、シラーなど
レ・フィエフ・ド・ラ・ヴィエイユ・ジュリアンヌ・ロゼ


サクランボをかじったようなジューシーな
果実味とフレッシュですっきりとした味わい。
どんな食事にも合わせて、気軽に飲みたい一本。

【品種】グルナッシュ主体、シラー、サンソー、
    カリニャン
コート・デュ・ローヌ・ブラン 「リュー・ディ・クラヴァン」


完熟した実だけを手摘みで収穫。さらに選び
ぬかれたぶどうのみを使って造りました。白
い花のような可憐な香りに、思わずうっとり
してしまいます。もちろん旨味も抜群。

【品種】クレレット、グルナッシュ・ブラン、
    ブールブーラン、マルサンヌ
コート・デュ・ローヌ・ルージュ 「リュー・ディ・クラヴァン」


良く熟した赤い果実の香りが生きています。
マイルドで繊細なタンニンに飲み口の良い
上品な口当たり。さすがです!!

【品種】グルナッシュ主体、シラー、サンソー、
ムールヴェードル
シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ルージュ


花の香りとスパイシーな香りが渾然一体
となっており、果実の濃縮感もたっぷり。
よくこなれて丸いタンニンが甘ささえ感じ
させます。まさに世界最高評価にふさわしい
、力強くも上品な赤ワインの最高峰と言える
ジュリアンヌのシャトー・ヌフ・デュ・パプ

【品種】グルナッシュ主体、シラー、
ムールヴェードル、クノワーズ、サンソー

ワインのトップページへ戻る
トップページへ戻る