ドメーヌ・ジャン・ダビット

【蔵紹介】
フランス東南部のリヨン市から南にアヴィニヨン市までの約200Hにわたる、ローヌ河の両岸
をコート・デュ・ローヌ地方と呼びます。南北に長いので、南部と北部ではワインの性格も異な
りますが、フランスが誇る優秀なワインを多く産出する地方です。この醸造所は、ローマ時代の
遺跡がたくさん残るアヴィニョンの街から40H程北にある、セギュレ村にあります。この地区
一帯はコート・デュ・ローヌ・ヴィラ−ジュと呼ばれ、世間一般に出回っているコート・デュ・
ローヌ・ワインの格上になります。そしてラベルにはそれぞれの村名が表示されます。
ダヴィッド家のぶどう作りは現オーナーのジャン・ダヴィッド氏のお祖父さんの代に始まります。
そして、ダヴィッド氏のお父さんに引き継がれるわけですが、農協へのぶどう販売を中心とする
大規模経営を目指したそうです。そんなお父さんのスタイルに全く興味を示さないダヴィッド氏は、
お父さんの仕事を引き継がず独自に畑を購入し、5ヘクタールの畑で1979年からぶどう作りを
始めました。そして、1987年より自らのラベルでワインを世に出しました。自然が大好きで、
特に草木が大好きな彼の手は非常にゴツゴツしていて、自身の手で畑仕事をしている事が容易にわ
かります。ぶどう作りは完全無農薬で、『余計な機械や化学物質に頼るから変な病害が出てしまう
のだ』と熱っぽく語ります。彼のワインの力強さは手間をかけたぶどう作りのたまものでしょう。
茎まで完熟したぶどうは除梗もされずそのままワインへと姿を変えていきます。



コート・デュ・ローヌ ルージュ


たっぷり太陽を浴びてはじけるような果実味
とタンニンが充実。でも口当たりは柔らかく
甘みさえ感じさせます。

【品種】グルナッシュ、サンソー、シラー他
コート・デュ・ローヌ ブラン


フレッシュかつ完熟した白桃のようなフルーテ
ィー甘やかな香り。爽やかさとコクのバランス
が絶妙な白。

【品種】ブールブーラン、ルーサンヌ、クレーレット
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ・セギュレ ルージュ


熟した果実の香りやガリッグのような香草の
風味。コクと厚みを感じさせる味わいが魅力
の自然派。数時間前にデキャンタするとより
おいしくなります。
 
【品種】グルナッシュ主体、シラー、ムールヴェードル
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・セギュレ “キュヴェ・レ・ルヴァン”


2000年が初ヴィンテージのプレミアムワイン。
樽は一切使用せず、ぶどうそのままの風味を大
切にしています。まさにナチュラル。

【品種】グルナッシュ主体、シラー、カリニャン他

ワインのトップページへ戻る
トップページへ戻る