NK活性

BEFORE HOME NEXT

NK活性

 NK活性とは、ナチュラルキラー細胞の働きの強さを表す、生体の免疫力の指標のことで、NK活性は緑黄食野菜を食べたり、適度な運動で高くなり、喫煙や肥満が原因で低くなるそうです。
 このNK活性が弱い人は、NK活性の強い人に比べてがんになる率が2倍近いことが、埼玉県立がんセンター研究所の11年間にわたる追跡調査の結果分かったそうです。
 NK活性の強さによる、がんにかかる率は下の表のようになるそうです。また、喫煙や食習慣などの影響を除いてみると、「低」の人は、「高」「中」の人より、男性で約1.7倍、女性で約2倍高くなるそうです。

 がんにかかる率
NK活性の強さ 男性 女性
7% 2%
6% 2%
9% 4%
調査対象者の平均年齢が、男性のほうが高いため、男性の方ががんにかかる率が高くなっている。

  (毎日新聞ニュース速報を元に作成しました。)

BEFORE HOME NEXT


Copyright. 1999
Kawakami Breast Thyroid Clinic.
All rights reserved