犬山教会HP

日本キリスト改革派

教会紹介


  • ■沿革概要
    この教会は、今から約60年前の1948年に旧日本基督教会の伝道の家として松原盛造兄がご自宅を開放してくださり、伝道を開始しました。
    その後日本基督教団を離脱し日本基督改革派教会に加入、1966年に現在の地 犬山市一本杉(現在松本町)に、犬山教会として会堂を建てて移りました。
    そのころ合衆国長老教会 (米国南長老教会)の宣教師の指導と支援が多くあったことが記録されています。
    その後、1998年に手狭になった旧会堂を改築し、同年8月より新会堂にて毎週日曜日の朝・夕の礼拝を守り現在に至っています。
    教会は、幼児から高齢の方々を含めて約60名の会員数です。日曜日の朝の礼拝の後、楽しい昼食の交わりの時をもっています。
    また、コーラス愛好者が集まる”賛美の集い”や教会学校の春のピクニック、夏のキャンプ、クリスマス祝会など盛り沢山です。

改革派教会とは改革派とは

  • 衣服を作り直すことを”リフォームする”と言いますが、「改革派教会」は英語でリフォームド・チャーチ(Reformed Church)と呼びます。16世紀のヨーロッパでの宗教改革の時代に生まれた名称でして、聖書の教えるよりよい教会に作り直し、改め続けていくことを忘れない教会のことです。聖書の教えのとおり改め続けていくことを、大切にしています。弱さがあっても、イエス・キリストは赦してくださいますから、その真の愛にこたえ、絶えず改めていくことを神に祈り、期待しつつ神と人々に喜ばれる教会を目指しています。




犬山教会

〒484-0086
犬山市松本町2丁目45番地

TEL 0568-61-3324
FAX 0568-61-3324
inuyama@church.email.ne.jp