院長からのメッセージ
摂津医誠会病院 医師募集サイト > 病院長からのメッセージ

病院長からのメッセージ

副院長 佐久良 肇 医師

小規模病院のため高度なことはできない代わりに、プライマリケアや慢性期疾患をみることができる病院です。近隣との連携を密にとることを大切に診療をしています。

入職の経緯

これまでの経歴および入職のきっかけ

大阪大学卒業後、大阪大学の第一内科へ入局し関連病院で臨床に従事してきました。
当院へ入職したきっかけは医局人事で、2000年12月に入職しました。2007年の春には、当院と同じ医療法人医誠会の医誠会病院へ異動したのですが、2011年にまたこちらへ戻ってきまして、現在に至ります。
ただ、当院は比較的フリーの先生が多い病院ですよ。

業務内容について

外来について

午前診は週3コマ担当しています。患者さんは1コマあたり大体20名~30名ほど来られます。

救急当番について

現在は週1コマ担当しています。とはいっても、こちらはそんなに忙しくありません。
搬送や外来の順番が待てない患者さんを診るのですが、搬送台数は1日0~2台ほどです。そのため、救急当番では病棟で主治医不在の際の第1コールも対応します。

病棟について

場合にもよりますが、僕は大体15~18名くらいの患者さんを担当しています。
他の先生方も、ばらつきはありますが平均で10~15人くらいの患者さんを診られていると思います。

患者層について

ほとんど高齢者です。プライマリケア、慢性期疾患、特に高血圧、糖尿病、脳梗塞、それから肝炎などを診ることが多く、入院では肺炎合併なども多いですよ。
20代~30代の入院も稀にありますが、その場合は熱発などの急性疾患がほとんどです。

摂津医誠会病院について

摂津医誠会病院で勤務するメリット

何もない日は17時過ぎに帰れますし、ライフワークバランスということを考えると、ここは働きやすいと思います。
また、場所についてもJR千里丘駅やモノレール摂津駅のほか、2010年に阪急摂津市駅が開通したため、距離の割に意外と通勤しやすいですよ。

他職種との連携について

カンファレンスなどは特別には行っていませんが、会話はよくしますし、報告を受けたらできるだけ早く対応しますので、連携はよくできていると思います。
やはり患者さんに関する情報は一人で全部取りきることは難しいですし、看護師さんやコメディカルスタッフも、一人ひとりがその分野のプロなので、彼らからの意見にはできるだけ耳を傾け、情報共有することを心がけています。

募集層について

当院は、現代社会の問題を反映したような、医療と介護の境目の患者さんが多く来られます。そのため僕たち医師には、患者さんやご家族と会話をするためのコミュニケーション力や、自分たちの培っている診療能力の限界を見極めて診療をする力が求められると思います。

求職者へ向けてのメッセージ

当院は170床の小規模病院で、高度なことができる病院ではありません。
救急指定は二次ですが、設備面の問題や外科医不在のため、実際の救急レベルは一次的なところもかなり多いです。その代わり、近隣の病院と連携を密にとることで、地域住民のニーズに応えられる医療を目指しています。
地域密着型の病院で、プライマリケアや現代社会の問題に向き合った医療に興味のある先生は、ぜひお気軽にご見学へお越しくださいね。

ページの先頭へ