医療法人医誠会 摂津医誠会病院
Home > 診療部門のご紹介 > 内視鏡センター(楽な内視鏡検査)

内視鏡センター(楽な内視鏡検査)

内視鏡センター

内視鏡センターからのご挨拶

最近の医療機器の発展、医療技術の進歩には目をみはるものがあります。消化器内視鏡の分野でも経鼻スコープにて低侵襲で患者さんの精神的・肉体的負担の少ない機器や、早期のものは、内視鏡的に低侵襲で根治できるものも多くなってきました。
「心配だけど内視鏡検査は不安」また「内視鏡検査は苦しい」という方も多くいらっしゃいます。
内視鏡センターでは、このような患者さんの不安・苦痛を和らげるために経鼻スコープを使用し、患者さんが安心して内視鏡検査を受けられるようにスタッフ一丸となり努力しています。

楽な内視鏡検査

胃カメラといえば多くの方が“苦しい”、“つらい”という印象をお持ちだと思います。従来の口から入れる胃カメラ(直径10mm前後)は、異物がのどを通る違和感から無意識に吐き気を起こし、特に咽頭反射の強い方には苦痛を伴う検査でした。

このような方のために当院では、経鼻内視鏡を使用した検査が好評を得ています。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡はその名の通り“鼻から入れる胃カメラ”です。口から入れる胃カメラに比べ、内視鏡が舌の付け根を通らないので、挿入時の違和感が非常に少なく吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

負担が少ない
負担が少ない
嘔気がおこりにくい
嘔気がおこりにくい
負会話ができる
会話ができる

胃瘻造設術

脳疾患等で嚥下障害が生じ、経口摂取困難な患者さんに対して当院では内視鏡的に胃瘻を造設しています。

細径内視鏡

当院では先端径4.9mmの極細タイプの上部内視鏡(胃カメラ)を導入しています。
従来のスコープ(約10mm)と比べて、挿入時の咽頭反射(オエッとなる)、検査中の吐き気・腹部圧迫感が少なく、とても楽に検査を受けられます。

細径内視鏡

鉛筆よりもはるかに細いです!

内視鏡治療対象疾患

早期大腸がん(EMR)

大腸がんの一部の症例に対して内視鏡的に粘膜切除術(EMR)を行っています。

内視鏡Q&A

上部消化器内視鏡検査(胃カメラ)について

Q:検査時間はどのくらいですか?

患者さんの病状により、重点をおいてみる場所や範囲が異なるため、一概にいえませんが、通常の検査の場合は15分前後を目安にしてください。

Q:生検とは何のことですか?

胃がただれていたり、潰瘍やポリープなどの病変があった場合にマッチ棒の先の半分くらいの組織を摘み取って顕微鏡で見る検査です。病変ががんであるか否かを見る検査で、胃カメラがレントゲンの検査にくらべて優れている点のひとつです。

Q:検査は苦しいですか?

できる限りリラックスして受けていただくことが楽に検査を受けるコツです。細径の内視鏡や、経鼻の内視鏡は患者さんに好評を得ています。

下部消化器内視鏡検査(大腸ファイバー)について

Q:大腸内視鏡検査とはどんな検査ですか?

内視鏡を肛門から挿入して、大腸中部の状態を直接見る検査です。必要に応じて生検やポリープ切除術などの処置も行います。

Q:検査時間はどのくらいですか?

観察のみの場合は、通常10分~20分前後です。
大腸が長い方や、お腹の手術を受けた経験がある方など患者さんの状態により検査時間が変動する場合があります。また、ポリープ切除などの治療をすれば検査時間は延長します。

Q:大腸内視鏡でポリープを切除するとき、痛くないですか?

大腸ポリープは大腸壁の粘膜面に起こる病変です。その粘膜面には知覚神経がありませんので、切除の痛みを感じることはありません。ご安心ください。

摂津医誠会病院について

医誠会病院について Tel 06-6319-0531 〒566-0021 摂津市南千里丘1-32 交通案内・地図はこちら
ホロニクスグループ 医誠会病院はホロニクスグループの病院です