8.換気計画と設備計画を考えよう  本気で家を建てる人のためのホームページ   top
設計相談受付中  オ−プンオフィス
基礎断熱工法
基礎断熱工法は、床断熱に替わる断熱技術として諸外国で生まれ、北海道で一般の床下をもつ住宅への試行・検証がなされ、寒冷地の汎用技術として確立してきました。床断熱と大きく異なる点は、床下換気口を持たず、基礎に断熱区画を設ける(基礎より内側を室内側と考える)という点です。

寒冷地での基礎断熱工法の利点
1、床下結露・木材腐朽の防止などの床下環境の改善
2、床断熱に比べて、断熱機密性能の安定的確保
3、床組の省力化
4、床下配管・床組などのメンテナンス性の向上


床断熱による床下の温湿度は、床下換気によって外部環境に支配されやすいのに対し、基礎断熱の床下空間は、室内環境に影響を受けやすいという点です。そのためには、1階の環境コントロールが重要であり、住宅居室の断熱化と適切な暖房計画、湿度管理のための計画がすごく重要になってきます。

温暖地の基礎断熱工法について
温暖地でも、寒冷地の利点は魅力的であり、使用されはじめています。
温暖地では、以下の検討課題があり、実験・検討が行われてきました。
1、部分間欠暖房が慣習化している温暖地における冬期床下結露
これについては、断熱された住宅では、内部取得熱によって自然室温がある程度に維持されることから、暖房の運転状態の如何によらず、床断熱住宅に比べて床下温度が高く結露に対して安全であることがわかっています。

2、梅雨期および夏期の床下結露
これについては、土台と基礎天端の気密化を図った基礎断熱の床下では、外気導入量が少ないため、床下結露のリスクは少ないことが、わかっています。

3、工法および床組み材に対しての耐蟻害性
これについては、べた基礎と内側断熱によって防ぐ事が可能です。

基礎断熱工法の使用にあたっての注意点
1、地盤防湿措置を行う。
2、土台と基礎天端を気密化する。
トップページへ   前のページへ


有)安藤建築事務所一級建築士事務所
〒171-0022東京都豊島区南池袋2−35−10R25
tel03−3985−3638
fax03−3985−4549
メール:nk5m-andu@asahi-net.or.jp