サクラマスについてのお願い

サクラマスについて
 今現在、芦ノ湖で釣れているサクラマスの小型の30cm台の個体で、非常に幼い風貌の個体が釣れたりしている事が確認できますが、
それらの小型のサクラマスで昨年秋に放流した個体のなかに今季の秋、成熟しない個体が存在しています。その個体は来春高確率で60cm以上になる来期釣るべき大切な個体です。来月あたりになれば、成熟する個体の特徴が確認し易くなり、残る個体とは区別しやすくなる筈です。来期の為に放流された昨秋の稚魚放流の個体、その若々しい魚体のサクラマスが釣れたら、イケス等には絶対に入れず、また素手触らずにリリースして頂きたいです。
 即リリースを考えたのですが、顔つき・体高等が怪しいと思えたので、キープしました。
生殖腺を確認したらご覧の通り!今秋成熟決定の38.5cmです。小型のサクラは来春
まで残れば良型確定!60cmUPを釣るために、若々しい固体のサクラは
即リリースをお願い致します!

38.5cm・750g
 怪しい顔つきと思い、キープしたのですが、案の定成熟個体です。この秋成熟しその生涯を終えます。


戻る