老廃物

  生体は、細胞の代謝*によって、生命の維持に必要なエネルギーや物質を生成しますが、同時に不必要な物質もつくられます。それらは老廃物(汗、尿、便)として体外へ排出されます。例えば、呼吸の結果生じる二酸化炭素を呼気として、また生体内の蛋白質が分解して生じる窒素化合物(尿酸、アンモニアなど)を尿として体外へ排出します。細胞による代謝以外にも、例えば紫外線などの外的要因によって、皮膚中の脂質が酸化されて生じる過酸化脂質なども老廃物の一つといえます。

*代謝とは・・・
 
生体内では、炭水化物、蛋白質、脂肪、水などの栄養分を摂取・吸収し、その中の成分を材料として、生命に必要な物質をつくる反応や、また反対に栄養分や体内成分を分解してエネルギーを得る反応が絶えず行われており、これら全てを含めて代謝と呼びます。代謝のような、生体内における化学反応は、反応を迅速に、そして正確に行うため、酵素と呼ばれる触媒を利用します。生体内では、複雑な代謝反応が同時に起こっていますが、それが可能なのも、酵素によって反応が制御されているからです。

 991225イラスト.gif (8324 バイト)

<皮膚と老廃物>

 物質代謝の結果生じる老廃物は、皮膚の毛細血管によって運び去られたり、また汗としても排出されます。皮膚組織全体を捉えた場合に、垢となってはがれ落ちる古い角質細胞自身も老廃物といえます。古い角質細胞の例をとってもわかるように、老廃物は規則正しく除去されていくのが望ましいのです。
 栄養や老廃物の運搬を担っているのが皮膚毛細血管ですが、その働きが衰えると、栄養不足や老廃物の蓄積が生じ、細胞の新陳代謝が正常に行われなくなります。このようなことを防ぐためにも、マッサージやパックなどによって外から刺激を与えて、毛細血管の血液循環を活発に保つことが重要です。

j_backb.gif (2551 バイト)

but_01.gif (1017 バイト)
化粧品用語辞典表紙へ ホームへ