「藍生俳句会」とは・・・・・・


同人制なし。 会員は全て平等。
作品は主宰選の藍生集に。
毎年1年間限定で紅藍集作家に指名された会員は、月5句の自選作品を発表。


平成20年10月で創刊18周年を迎えた若い結社です。
10代から90代までの老若男女の会員が全国・海外それぞれの地域に点在しています北は北海道から南は九州まで都道府県別別・地域別の勉強会、初心者対象の勉強会等があります。


主宰の必ず出席された年4回の坂東札所吟行は、足かけ9年をかけて平成20年10月に満行。平成21年からは新たに秩父札所 吟行(年4回)がスタート。
 

東京例会、関西例会(京都・寂庵)も主宰の指導句会。
会員相互のインターネット句会等の交流もあり活況を呈している。

  1. 俳句のお好きな方ならどなたでも入会できます。
  2. 会員には月刊俳句誌「藍生」をお届けいたします。
  3. 「藍生」は、1990年10月創刊です。
  4. 会員は「藍生」に投句し、主宰者の選を受けることができます。
  5. 同人制はありません。
  6. 投句には専用投句用紙をお使い下さい。
  7. 会員は、「藍生句会東京例会」(池袋・東京芸術劇場)および、「あんず句会」(藍生関西例会・京都嵯峨野寂庵サガノサンガ)に参加することができます。
  8. 会費は一年間20,000円(誌代、送料共)です。
  9. 会費の到着をもって入会といたします。
  10. 会費は専用振替用紙にてお送り下さい。
  11. お問い合わせは下記へ
杏



藍生(あおい)俳句会
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町
3−2 九段ロイヤルビル7F
TEL:03(5216)6015 FAX:03(5216)7239
e-mail: aoi@network.email.ne.jp


このホームページの藍生「掲示板」にてもご質問等受け賜ります。

 



目次へ