本文へスキップ

非常食研究会Emergency/disaster food

防災フェア2012in横浜 出展記録


後援:警察庁・総務省・消防庁・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・気象庁・海上保安庁・防衛省・神奈川県・横浜市
会場:ランドマークタワー(ガーデンスクエア・フェスティバルスクエア)) & クイーンズスクエア横浜

怒涛の3日間でしたが、なんとか無事に終了できました。
会場のクイーンズスクエアでは『防災マルシェ』を開設。私たち非常食研究会(NPO法人テレパック内)の他、危機管理教育研究所、天狗缶詰株式会社、それから子供向けカードゲームで一般社団法人日本損害保険協会の各団体が出展しました。
1日・2日は危機管理教育研究所・国崎信江氏、都市防災研究所・守茂昭氏、非常食研究会がステージで解説ショーやミニ講演や実演など行いました。
非常食研究会では、食品メーカー/販売会社数社に協力をいただき、充実した(お客様にはフルコースとまで言われた)ブース出展をすることが出来ました。

・ホリカフーズ株式会社:「レスキューフーズ」の実演&試食
・ヤマザキナビスコ株式会社:リッツ保存缶と中身のリッツ
・岩手缶詰株式会社:東京駅周辺防災隣組とのコラボで「隣組・非常食」のラベルを付けた、
三陸
・さんまの水煮缶詰--リッツにさんまを載せて試食いただきました
・小岩井乳業株式会社:常温で90日保存可能な牛乳の試飲
・株式会社パン・アキモト:東京駅周辺防災隣組とのコラボで「隣組・非常食」のラベルを付けた、パンの缶詰「救缶鳥」の試食
・KNクリエイト株式会社:温めなくても食べられるレトルト「給食B」の試食

岩手缶詰さん、小岩井乳業さんはブースに顔を見せて下さり、ホリカフーズさんは社員の方が1日と3日
実演に来て下さいました。2日(日曜日)はテレパックのスタッフ3人だけになり、これだけの試食&試飲をしたのでちょっと大変でしたが、各試食&試飲品の大好評ぶりに支えられ頑張ることができました。
また、夜、店じまい近くには、各ブースで余った食べ物など配りあい(損保さんもクッキーを下さいました!)、和気あいあいと楽しい時間でした。
各社の皆様に心からご協力感謝申し上げます。

3日午前中は防災担当大臣が会場で視察されたので、短い時間でしたがひと通りご説明し試食&試飲もしていただきました。
非常食研究会では代表的な乾パン利用のお菓子「乾パン・フルーツケーキ」と「乾パン・チョコバナナマフィン」を試食していただき、食料備蓄の実態に関するアンケート調査を行いました。また、会場ステージで、日常生活での備蓄と消費についてご説明する時間もいただきました。
これから調査結果に基づき仕事を進めたいと思います。

ご来場の皆さん、会場前で3日間熱心に呼び込みをして下さった内閣府の方々はじめ様々な形で防災フェア&防災マルシェを一緒に作って下さった皆さんに心より感謝申し上げます。

営業案内

月-金 10-17時

〒106-0032
東京都港区六本木7-8-5
藤和六本木コープII 901
TEL.03-6434-0530
FAX.03-6434-0540
*予約なきご訪問はご遠慮ください
メール:office@telepac.jp
アクセス