2018年学術大会(第6回研究発表会・通常総会・シンポジウム)

参加者(会員・一般)申込開始  交流会・バスツアー (いずれも希望者のみ)申込開始
★学術大会の参加費は無料です(交流会のみ会費制)★
 
申込サイトより事前にお申込みください。 http://www.telepac.jp/entry2018/
 発表者で交流会・バスツアー参加希望の方も必ずお申込みください。
 交流会参加費・バスお弁当希望の場合の費用は、当日会場受付でお支払いください。
受付:2018年6月1日〜8月9日まで

【交流会】8月19日(日)(大会第1日)
    会場:東北大学 災害科学国際研究所(IRIDes)多目的ホール付近別室
    18:00〜 参加費 正会員・一般4000円 学生会員・学生3000円
【バスツアー】8月20日(月)(大会第2日)12:30出発  16:00仙台空港着 16:30 JR仙台駅着 予定
    参加費 無料
    シンポジウム終了後、バスで出発します。食事は車内となります。★お弁当は持参も可能です。
    「青葉山」駅最寄りのローソン(日・祝日は休み)は営業未確定です。
    学会で注文する弁当+お茶は700〜800円程度を予定しています。

アクセス案内 会場:東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
JR仙台駅から⇒ 仙台市営地下鉄東西線 八木山動物公園行き 「青葉山駅」下車
  南出口から出て正面のキャンパスモールを右へ徒歩約3分
  
★自動車でのご来場はお断りします。公共交通機関をご利用ください。
東北大学 災害科学国際研究所(IRIDes)サイト http://irides.tohoku.ac.jp/


大会スケジュール
日時:2018年8月19日(日)20日(月)
会場:東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
 大会プログラム
日時:2018年8月19日(日)20日(月)  *2日間入場無料
会場:東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール  会場内は冷房となります.,
                 集中制御で強弱調整できませんので, 心配な方は上着等をご準備ください.
第1日  8月19日(日)
12:00 受付開始        
13:00〜13:30
基調講演:「東日本大震災とBCPと食」
講師:丸谷浩明 東北大学災害科学国際研究所教授
13:35〜
第6回研究発表会
 ポスターセッション
 口頭発表
17:00頃
第6回通常総会
18:00交流会(ホール向い側別室)

第2日   8月20日(月)
シンポジウム9:00-12:00
テーマ:東日本大震災における食の教訓と震災後の取り組みについて
第1部(発表と討論)
9:00-9:40
「災害医療・災害看護における食」
講師:岡本智子 東北大学病院栄養管理室長
9:40-10:20
「災害時の一食品企業の食糧供給について(東日本大震災の事例から)」
講師:岡田逸朗 公益財団法人国際開発救援財団(FIDR)事務局長
表彰式
第2部(パネルディスカッション)
〜市民の自助活動による災害食の知恵〜
コーディネーター:奥田和子顧問
10:30-11:10パネリスト発表
板橋恵子(エフエム仙台)
佐藤美嶺(防災士会みやぎ・女性防災リーダーネットワーク・西公園プレーパークの会)
佐々木寿晴(東松島市防災課長)
11:10-12:00ディスカッション、フロア発言
12:30 現地視察ツアー 東松島市備蓄倉庫、旧JR野蒜駅等被災遺構等の視察
    注文のお弁当は車内で配布いたします

主催 日本災害食学会 共催 東北大学災害科学国際研究所
本事業は公益財団法人セコム科学技術振興財団より2018年度の助成を受けています。

発表者募集は終了しました。(以下 参考)
**発表者(筆頭発表者)は日本災害食学会会員である必要があります
発表費用: エントリ料 正会員・法人会員6000円 学生会員4000円 現地学生会員2000円
 発表概要掲載料(口頭発表は必須・ポスター発表は任意)3000円/1ページ内
 災害食専門員のポスター発表エントリ料は無料です。(任意の概要掲載料は有料)
 法人会員が発表する場合、発表内容に関連する展示は無料です(展示可能な場合になります)
【口頭発表】発表時間5〜10分。発表概要は日本災害食学会誌Vol.6 No.1に掲載(必須) 発表前後の学会誌へ論文投稿してください
【ポスター発表】ポスターの掲示およびポスター前での説明。発表概要は任意
*概要には発表者の氏名、所属先を記載。
*配布プログラムにはタイトル、発表者(全員)の氏名のみ掲載されます。

Copyright 2017 Japan Disaster Food Society. All Rights Reserved.

災害時の食を考える