Heart Box 全国心臓病の子どもを守る会 埼玉県支部のホームページへようこそ!
カウンタ

(since 2002. 8.15)

更新記録
⇒ 9月18日
台風15号、千葉県の被害状況について「本部より情報提供」をUPしました。
⇒ 9月17日
本部より情報提供⑫」を更新しました。
⇒ 9月15日
本部より情報提供⑫」をUPしました。
⇒ 9月15日
新着情報」を更新しました。
⇒ 9月11日
愛知県支部より「情報提供の依頼」をUPしました。
⇒ 9月10日
守る会本部通信「ハットはあと」(2019/09/06発行)をUPしました。
⇒ 9月 6日
新着情報」を更新しました。
⇒ 9月 5日
新連載「はちみつママのドキドキ中学校日記」をUPしました。
⇒ 9月 3日
機関紙『埼玉 心臓をまもる』」を更新しました。
⇒ 8月 3日
活動予定」に活動の様子(写真)をUPしました。
⇒ 7月26日
新着情報」を更新しました。
⇒ 7月24日
心友会のブログ」を開設しました。
⇒ 7月24日
機関紙『埼玉 心臓をまもる』」を更新しました。
⇒ 7月22日
新着情報」を更新しました。
⇒ 7月11日
新着情報」、「活動予定」を更新しました。
⇒ 7月10日
機関紙『埼玉 心臓をまもる』」を更新しました。
⇒ 6月 4日
新着情報」を更新しました。
⇒ 6月 2日
機関紙『埼玉 心臓をまもる』」を更新しました。
新着情報

【本部より情報提供】台風15号 千葉県への被害状況について 

支部のみなさまへ
 先週、直撃をした台風15号は千葉県に大きな被害をもたらしました。新聞記事と厚生労働省が発表している報告を総合すると、直接の人的被害は少なかったものの、その後の電気の供給がストップしているための二次的な被害が広まっているようです。
 1週間経っていますが、7.2万戸が停電したままで、全面復旧まではまだ日数がかかると言われています。会員をはじめ、心臓病児者の生活が心配されているところですが、千葉県支部事務局さんから報告をいただきました。以下は報告の抜粋です。

+++++++++++++++

会員さんから、今回の台風被害についての連絡は入っていません。私が知っている酸素の会員さんは、「停電は無かった。あっても比較的すぐに復旧した。」と思われる地域です。運営委員で酸素の、千葉市若葉区の方が心配でしたが、14日(土)に運営委員全員に確認した返信は、次の通りです。
  ……… まる2日間停電・断水でした。酸素は普段から濃縮器(電気が必要)ではなく、液体酸素(充填式)を利用していたので、問題なく済みました。酸素業者自体も停電になり被災していたので、もし濃縮器を使っていたら、困っていたかもしれません。
 医療機器利用者には、自治体から発電機などの貸出があるようですが、例えば今回は、千葉市緑区の福祉センターそのものが被災してしまった為に、救援が必要な区民に、電話確認連絡出来なかったそうです。車で電源を取ることも可能ですが、ガソリンスタンドも停電でストップしていたため、やはり自助努力が必要ですね。うちは大容量のポータブル電源機器を購入しました。
 こども病院は半日ほど停電断水。医療機器は自家発電でまかなったものの、エアコンなど空調は使えないので、スタッフ・入院患者さんともに、暑さで大変だったそうです。

+++++++++++++++

厚生労働省が出している状況報告で関連する部分を抜粋しました。(本部事務局まとめ)

 ◯ 医療機関について ○
 千葉県の71 の病院において 停電が発生。資源エネルギー庁に対し支援を要請した上で、電源車を派遣。状況不明な所に関しては、DMAT を直接派遣するなどして、情報収集を行っている。その中の1つの病院において、死亡患者の報告あり。(千葉県災害対策本部において公表済み)

 ◯ 在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法患者の安否確認状況 ○
 【酸素供給装置の保守点検事業者に対する確認】
 千葉県内で在宅酸素療法に係る機器の保守点検を行っている事業者9社に対し、患者の安否状況と酸素ボンベの配送状況等について、電話で確認を実施。(確認終了8社、確認中1社)
 9月17日12時00分時点で、事業者において、患者の安否確認と、停電している患者宅への酸素ボンベの配送を継続して実施中。患者の健康被害情報はなし。
 【医療機関に対する確認】
 9月17日12時00分時点で、事業者において、患者の安否確認と、 停電している患者宅への酸素ボンベの配送を継続して実施中。患者の健康被害情報はなし。

 ◯ 障害児・者関係施設の被害状況 ○
 千葉県千葉市の共同生活援助2か所、短期入所1か所で漏水や窓ガラスの破損等の被害があったが、人的被害なし。千葉県所管の障害者支援施設等10か所で停電、10か所で停電、22か所で断水が発生。支援の必要性を確認し、経産省、防衛省に対し支援を要請中。引き続き情報収集に努める。

『埼玉県心臓病者友の会(心友会)のブログ開設』のお知らせ

お待たせしました。「埼玉県心友会」会員の情報交換や交流会のお知らせなどスムーズに行うため、埼玉県心臓病者友の会代表 小野寺さんのご尽力により「埼玉県心臓病者友の会(心友会)」のブログが開設されました。ぜひご活用ください。

JPA「全国いっせい街頭署名行動」へご参加ください 

「守る会」が加盟する「日本難病・疾病団体協議会(JPA)」が取り組んでいる、国会請願署名活動のPR行動として、『全国いっせい街頭署名行動』が行われます。首都圏では下記の日程で開催されますので、在京支部のみなさまにご参加いただきたく、お願い申し上げます。

  • 日 時: 10月6日(日) 12:00~13:00
  • 会 場: JR巣鴨駅前
  • 集 合: 11:45 現地集合(JR巣鴨駅前)
  • 時 程:
    • 11:45~12:00 簡単な打ち合わせ
    • 12:00~13:00 チラシ配布&署名の呼びかけ
    • 13:00 終了&解散
  • 申込み: 参加できる方は 9月27日(金)までに、守る会の本部事務局へご連絡ください
  • 小雨でも決行します
  • 天候等により中止の場合は、本部事務局からご連絡します
  • 配布チラシや署名用紙等の用具類はJPAで用意しますので、持ち物は特にありません。帽子など、天候にあわせた服装でお集まりください。
  • なお、交通費は本部で負担させていただきます

「みんなの病院の日」、県立小児医療センターに集合! 

守る会も参加している「みんなで病院を育てる会」主催です。
 バザーあり、スタンプラリーあり、患者交流カフェもあり!守る会のブースもあります。ぜひお出かけください♪

  • 日 時: 10月10日(木)10:00~14:00
  • 場 所: 埼玉県立小児医療センター
  • 交 通:JR「さいたま新都心駅」西口より徒歩5分、JR「北与野駅」南口より徒歩6分
  • 事前申込は不要です。検診日でなくても大丈夫、「守る会ブース」にどうぞお立ち寄りください。~10月の検診日予約はぜひ10日に(笑)。~

小児慢性特定疾病児童等ピアカウンセリング事業 (埼玉県委託事業)
「慢性疾病のお子様をお持ちの保護者の集い」のご案内

普段の生活の中で、悩んでいることや困っていることを、同じ立場の人たちと語り合ってみませんか?専門家の先生から、テーマに合わせたご講演もいただきます。お子さまの日常生活のことや、将来のことなどを一緒に考えましょう。
「保護者の集い」の前半は講演、後半は同じ立場の方々と語り合うピアカウンセリングです。

  • 「保護者の集い」のパンフレットは こちらから どうぞ(PDFファイル)
  • 主 催: 埼玉県、一般社団法人「埼玉県障害難病団体協議会」
  • 対象者: 慢性疾病で療育を必要とするお子様の保護者
         (県内のお住まいの地域にかかわらず、ご参加いただけます。)
  • 幸手保健所
    • 第1回 9月29日(日)
      • 時 間: 13:30~16:00(13:00 受付開始)
      • 場 所: 久喜総合文化会館 研修室1
             〒346-0022 埼玉県久喜市下早見140
      • テーマ:「病気の子どもの学校生活を支える」
      • 講 師: 埼玉県立けやき特別支援学校
             特別支援教育コーディネーター 竹村由香里 先生
    • 第2回 11月17日(日)
      • 時 間: 13:30~16:00(13:00 受付開始)
      • 場 所: ウェルス幸手 多目的室
             〒340-0152 埼玉県幸手市天神島1030-1
      • テーマ:「病気の子どもの発達をうながす親子のかかわり」
      • 講 師: 埼玉県立小児医療センター
             作業療法士 岡田洋一 氏 高木佳菜子 氏
  • 東松山保健所
    • 第1回 10月15日(火)
      • 時 間: 13:30~16:00(13:00 受付開始)
      • 場 所: 東松山市民文化センター 大会議室
             〒355-0024 埼玉県東松山市六軒町5-2
      • テーマ:「病気の子どものきょうだい・家族の支援」
      • 講 師: NPO法人 しぶたね
             代 表 清田悠代 氏
    • 第2回 12月21日(土)
      • 時 間: 13:30~16:00(13:00 受付開始)
      • 場 所: 東松山市民文化センター 大会議室
             〒355-0024 埼玉県東松山市六軒町5-2
      • テーマ:「病気の子どもの運動について」
             ~学校生活管理指導表と学校における運動管理~
      • 講 師: 埼玉医科大学国際医療センター
             小児心臓科教授 住友直方 先生
  • 内 容: 各回とも、講演の後、保護者の集いを行います。また、慢性疾病児の養育
         経験のある先輩が参加予定です。
  • 参加費: 無料
  • 定 員: 各回30名(申し込み順)
  • 保 育: 保育室をご用意しておりますが、状況によりご希望に添えない場合も
         ございます。
  • 申込み: 各開催日の7日前までにお申し込みください。
  • 申込先: 埼玉守る会事務局 か 埼玉県障害難病団体協議会(障難協)までご連絡を。
  • なお、埼玉県障害難病団体協議会(障難協)へ直接お申し込みになる場合
    • TEL/FAXでのお申し込み: 048-831-8005(祝祭日を除く 月~金 10時~16時)
    • メールでのお申し込み: shnky@tbm.t-com.ne.jp

第55回全国大会の様子が、「NHK総合」お昼のニュースで取り上げられました

NHK NEWS WEB (10月15日 11:56) より ⇒  NHK NEWS WEB はこちらからどうぞ

「先天性の心臓病患者 就労や出産などの課題語る」

生まれつき心臓に病気を抱え、治療を続けながら成人になった患者が就労や出産などの課題について語る全国大会が都内で開かれました。

大会が開かれた東京・文京区の会場には、患者やその家族などおよそ250人が集まりました。生まれつき心臓病を抱え、治療を続けながら成人になる「成人先天性心疾患」の患者は、医療技術の進歩に伴って50万人を超えているということで、治療と仕事の両立などの新たな課題に直面しています。 ⇒⇒ 「NHK総合」お昼のニュースはこちらからどうぞ


このページの
先頭に戻る

ご意見をお聞かせください

「全国 心臓病の子どもを守る会」埼玉県支部のホームページ Heart Box に対するご意見・ご感想・ご要望等を受け付けております。当会のホームページ『Heart Box』をより良いものにするために、皆様のご意見をお聞かせください。

事務局への連絡について

事務局の専従職員はおりません。無償ボランティアで対応しております。
 不在時は、留守電に「折り返し先」と「メッセージ」を残していただくか、メールでご連絡ください。何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

PDFファイルを閲覧・印刷するためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

ダウンロードはこちらからどうぞ⇒

(無償提供:Adobe Acrobat Reader DC)

このサイトは社会福祉医療事業団と共同募金の助成で作成しています。 since 2002.8.15